Addressing the global skills shortage

リサーチ

Addressing the global skills shortage

A vast divide The gap between the percentage of employers and employees that strongly agree and agree that they’re confident in their organization’s ability to develop employee’s skills is massive — 30%. ㅤ ㅤ

Cornerstone の活用方法について

人材の募集、育成、維持、管理を通じて業績を最大化するために Cornerstone を活用する方法をご覧ください。

Latest Stories

VELUX:グローバル企業として人財育成とコミュニケーションを強化

お客様事例

VELUX:グローバル企業として人財育成とコミュニケーションを強化

VELUX社は天窓とその関連製品の設計と製造を手がける企業で、デンマークのコペンハーゲンに本社を置いています。企業理念は、世界中の人々により良い生活空間を提供することです。同社は、革新的で高品質な製品を送り出していることで高く評価されています。 その評価を維持するため、40カ国以上の約1万人の社員に向けてトレーニングを提供し続けています。トレーニング内容はそれぞれの事業部門に応じたものを用意する必要がありますが、そこで困っていたのは、既存のラーニングマネジメントシステム(LMS)では手間がかかりすぎることです。 「LMSの刷新が必要なのは明らかでした。以前のLMSでは効率はあまり良いとはいえず、コストも相当な金額にのぼっていました」と、同社でHRISプロジェクトマネージャーを務めるモーテン・ホルム氏は説明します。 さらに、事業部門ごとにパフォーマンス管理プロセスが異なっていたため、全社的に人財の情報を把握することも難しいという状況でした。「当社ではグローバル化を推し進めていたため、タレントマネジメント機能の強化は欠かすことができませんでした」(ホルム氏) コーナーストーンを選んだ理由とは? 新しいタレントマネジメントシステムの調査段階で、統合を名乗っているプラットフォームの多くが真の意味では統合されていないことが明らかになりました。 「HRISプロジェクトマネージャーという立場から見ると、多くのシステムでは次々とモジュールを追加しているだけで、現実としてあまり連携ができていないという印象を受けました。コーナーストーンを選んだ大きな理由の1つは、初めから統合を前提に設計されていることです」(ホルム氏) コストも大きな決定要因でした。コーナーストーンのソリューションなら、リクルーティング(採用)、ラーニング、パフォーマンス管理、後継者育成をカバーできる統合タレントマネジメントシステムを、既存の学習管理システムと同等のコストで構築できます。 「コーナーストーンのソリューションでは、投資をはるかに超えた効果を得ることができました。これは大きなメリットです。クラウドベースのシステムを全世界で利用できるので、拠点ごとにIT担当者を置く必要がなくなりました」 さらに、予算や既存のリソースに制約がある中で対応が求められるなか、コーナーストーンのソリューションは自社の状況に合わせて順次導入していける点も評価されました。 「すべての企業が統合タレントマネジメントシステムを一括して導入できるわけではありません。コーナーストーンのソリューションならば、拠点ごとに、準備ができた段階でシステムを導入していくことができます」 管理業務の負担を軽減 繰り返し作業が多く時間がかかっていたタレントマネジメント業務を合理化しています。 「人事担当者が管理作業に費やす時間を減らせたので、その分の時間を、採用やトレーニングなど付加価値を生み出す業務に使えるようになりました。コーナーストーンのソリューションのおかげで生産性の制約をなくすことができたのです」(ホルム氏)。 学習プログラムを統一 各国の事業部門に向けて、グローバルな職場導入支援プログラムと拠点ごとの職場研修プログラムの両方を提供できるようになりました。 「コーナーストーンのソリューションのおかげで社員が1つのチームとしてまとまりを強め、真のグローバル企業に近付いていると感じています」(ホルム氏) 採用業務を強化 コーナーストーン・リクルーティングを使うことによって、各国での優秀な人財の求人と採用業務を効率化しました。 「各拠点の事業部門ごとに必要な人財を募集する専用の求人サイトを、簡単に作れるようになりました」(ホルム氏) データ活用を促進 今後は、1度ログインするだけであらゆる人財データにアクセスできるようにしていく予定です。 「そうすれば、全社の人財データに1カ所からアクセスできることになります。コーナーストーンを中心にデータの活用を進めていく考えです」(ホルム氏) 人財にまつわる知見を獲得 人財管理プロセスを統一して、社員のライフサイクルを包括的に表示できるように取り組んでいます。 「自社の現状についてより深い知見を得られるようになってきており、これはパフォーマンスを重視する企業風土、ひいては透明性を高めることにつながります。コーナーストーンを使って、社員の情報について1カ所で把握と管理ができるように計画を進めています」(ホルム氏) 後継者育成計画を強化 次の10年を率いていく強いリーダーシップを確立するため、コーナーストーン・サクセッションを導入して、後継者育成計画を強化する計画を立てています。 「当社ではパフォーマンスを重視しています。それが当社の戦略的ミッションの一環だからです。その要となるのが後継者育成です。コーナーストーン・パフォーマンスを使えば、優れた業績を上げている社員を把握できるようになります。コーナーストーン・サクセッションは、そのような人財をリーダーとして育成するのをサポートしてくれるはずです」(ホルム氏)

Kelly Services:グローバル人財のエンゲージメントとパフォーマンスを向上

お客様事例

Kelly Services:グローバル人財のエンゲージメントとパフォーマンスを向上

Kelly Services 社は世界各国で人財ビジネスを展開しており、登録している人財は 53 万人を超え、さまざまな業界に向けて有能な人財を紹介しています。 同社は、自社社員と登録人財のエンゲージメントとパフォーマンス向上を図るために、統一されていない学習プロセスと人事プロセスを見直すことにしました。その結果、学習、パフォーマンス管理、タレントマネジメントを統合的にカバーする戦略に沿ったプロセスに移行するという決断を下したのです。 グローバルで学習と人事を担当するチームは、オンプレミスの古い学習管理システムを置き換えるものとして、統合タレントマネジメントソリューションを導入すればよいと考えました。統合ソリューションを使えば、体系的な職場導入支援プログラムを確立して、社員の定着率の向上と生産性を発揮するまでの時間短縮につなげることができます。 さらに、業績評価プロセスを統合すれば、人財データを基に学習や能力開発の機会を提案することや、後継者育成計画を強化して重要な役割に適切な人財を配置しやすくすることも期待できます。 コーナーストーンを選んだ理由とは? Kelly Services社が評価したのは、コーナーストーンのSaaS(Software-as-a-Service)モデルです。SaaSなら、コストの節約、短期間の導入、早期の効果実現が可能だからです。2008年9月にコーナーストーンの統合タレントマネジメントスイートの導入を決定し、2009年2月に北米地域、続いて6月に欧州地域、7月にアジア地域で、学習管理の運用を開始しました。契約してから1年も経たないうちに、システムの利用者は全ユーザーにあたる65万9,000人に達しました。これは当時においてSaaSの導入実績として最大規模となりました。 コストと時間を節約 タレントマネジメントポータルの運用開始から11カ月後には、初年度のコストを回収する見通しが立ちました。また、シングルサインオンによって、社員も派遣社員も簡単な操作でシステムにすばやくアクセスできるようになり、ヘルプデスクの負担も軽減されたのです。 新規採用者の定着率と生産性を向上 2つの職場導入支援プログラムを6カ月にわたって試験運用したところ、新規採用者の離職率が約15%から2~3%にまで減少するという成果が出ました。職場導入支援プログラムが成功したことが、現場の実務での成功にもつながっています。試験プログラムに参加した人財について、雇用先企業の監督者の53%、採用担当者の27%が、採用契約後30日以内に職場導入支援の成功を報告しています。 トレーニングや能力開発プログラムへのアクセスを拡張したことから、より効果的なプログラム提供を実施 KellyServices社のオンライン学習センターでは、利用者が24時間365日、クラスルームトレーニング、オンライントレーニング、能力開発プログラムにアクセスして自身で学習を進めることができます。提供される学習プログラムはリーダーや社員のコンピテンシーモデルと連係しているため、目指すキャリアパスに適したトレーニングコースや必要な行動がどのようなものか、判断がしやすくなります。 パフォーマンスに関する話し合いを活性化および充実 社員とマネージャーが、社員の要望や関心に沿ったキャリア開発について話し合うための場が整備されました。業績評価プロセスを統合することにより、学習状況や業務経験に基づいて目標を立て、今後のキャリア開発の方針を決められるようになったのです。 豊富な人財をそろえてリーダーシップパイプラインを強化 新しい後継者育成プログラムでは、役割や役職に基づいて潜在能力が高いと判断された社員200人を選び出し、コンピテンシーなどの指標を踏まえて推奨されるトレーニングを提供できます。 キャリア管理ツールを提供すると同時に人財プールを構築 同社ではコーナーストーンのキャリアセンターを利用してオンラインキャリア管理ツールを提供しています。それは、豊富な人財プールを確保できるということにもなります。プロフィールの作成は任意となっているものの、運用開始後からすでに72%の社員がプロフィール作成を行いました。 Kelly Services社では今後、このプロジェクトを欧州やアジア地域にも広げて、学習プログラムの成功をグローバルに展開する予定です。社員からは、拠点を越えた交流やベストプラクティスの共有に向けてソーシャルネットワーキングツールの導入を求める声があがっています。一方でトレーニング担当者は、インフォーマルなソーシャル学習を設計や開発のプロセスにつなげていこうと考えています。

Hallmark:パフォーマンス管理を日課に

お客様事例

Hallmark:パフォーマンス管理を日課に

Hallmark社は1910年の創業で、現在は全世界に4万店舗を展開してメッセージカードなどのグリーティング商品を販売しています。子会社として、Crayola、Hallmark.com、Hallmark Channelなど数多くの企業を運営しています。同族企業ということもあって、社員を大切に育てる企業風土が根付いています。 ただし、社員3万5,000人のタレントマネジメントについては、スプレッドシートや従来型の古い学習管理システムに頼っていたため、業務効率の低さに頭を悩ませていました。 同社でタレントマネジメント担当HRマネージャーを務めるキャシー・アッテベリー氏は、「経営陣は社員に気を配り、社員は互いに支え合うのが当社の強みです。この企業風土は守っていかなければなりません」と述べています。 「人財こそが、会社の業績を大きく左右します。それなのに、人財を管理するシステムは時代遅れとなっていました。状況を一目で把握し、何が行われていて何が成功しているかを判断できなかったのです」 コーナーストーンを選んだ理由とは? Hallmark社ではベンダー各社に提案を求めて検討を進めた結果、コーナーストーンオンデマンドの統合タレントマネジメントプラットフォームを導入するという決断を下しました。評価のポイントは、SaaS(Software-asa-Service)なので可用性が高いということです。 「オンプレミスのシステムは運用経験もあるので安心でしたが、SaaSの利点である設定の柔軟さやアップグレードの容易さが決め手となりました」とアッテベリー氏は述べています。 コーナーストーンの手厚いカスタマーサポートも高く評価されました。 「コーナーストーンは顧客へのサービスやサポートについて、当社が取引するどのベンダーよりもはるかに高い基準を設けています。製品は少数精鋭で、購入後には価値が下がるどころか上がっていくのです。コーナーストーンの製品を購入した場合、3年後に得られる価値は、購入時よりもずっと大きくなるでしょう」(アッテベリー氏) 社員にとって、コーナーストーン・ラーニング、コーナーストーン・パフォーマンス、コーナーストーン・サクセッション(後継者育成)の使い方は、予想以上に簡単なものでした。 「当社は紙の製品を扱っているので、技術的なことは苦手です。それでも、コーナーストーンのソフトウェアはすぐに使えるようになりました。これは大きかったです」(アッテベリー氏) コンプライアンスプロセスを合理化 Hallmark社では、コーナーストーン・ラーニングを活用して、コンプライアンストレーニングの提供、倫理規定の配布、年次ポリシー評価を行っています。 「全米各州の社員と子会社に向けて、適切なコンプライアンス関連書類を配布しなければなりません。コーナーストーンのソリューションを使えば、カリフォルニア州用の書類はカリフォルニアの社員に、コネチカット州用の書類はコネチカットの社員に、確実に届けることができます。また、承認サインの追跡と記録も簡単です。年次ポリシー評価は、社員がスライドを確認して電子署名するだけなので、5分程度で済みます」(アッテベリー氏) パフォーマンス管理を「日課」に かつては業績評価プロセスに約5万5,000時間、240万ドルという多くの時間とコストを費やしていたにもかかわらず、その労力がパフォーマンスの向上につながる兆しはまったくありませんでした。 「書類の作業で忙しく、面談をする余裕がありませんでした。評価作業に多くの時間を取られ、肝心の評価後のフィードバックをほとんど提供できない状況だったのです」(アッテベリー氏) 同社では現在、コーナーストーン・パフォーマンスを活用してパフォーマンス管理を日常的に行えるようになっています。また、コーナーストーン・ラーニングを導入したことによって、パフォーマンス評価についてのマネージャー層の考え方も変わりました。 「コーナーストーンのソリューションのおかげで、パフォーマンスを評価する機会は年1回ではないと気づいてもらうことができました。当社では、『日々の暮らしの中に大切な瞬間がたくさんある』というメッセージを発信しています。タレントとパフォーマンスの管理も、日々の業務の中で大切な出来事なのです」 離職リスクを予測 Hallmark社では、コーナーストーン・サクセッションの9ボックスグリッドを使って、社員の能力を大局的に把握しています。 「コーナーストーンのソリューションで社員のパフォーマンス、潜在能力、給与などの状況を比較して、離職リスクに先手を打って対処しています」(アッテベリー氏) 将来のスキルギャップに対処 Hallmark社では現在、ベビーブーム世代の社員の一斉退職とミレニアル世代の社員の増加に対応する準備を進めています。 「コーナーストーンのソリューションから得られるデータを使って、全社の人財について分析と計画を行っています。これに基づいて、今後の事業を発展させるために重要なコンピテンシーを明らかにし、スキルやタレントについてどの部分で不足が生じるかを予測して、新世代の社員の教育に役立てています」(アッテベリー氏)

Trends at Work

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

ホワイトペーパー

電子書籍

リサーチ

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

「かつてない事態」 「働き方の新時代」 「大変革」 こうした言葉を耳にされることも多いと思います。まさにその通りの状況があちこちで起きています。新型コロナをはじめ、世界各地で発生したさまざまなできごとが引き金となり、私たちの働き方、働く場所、そして従業員が仕事に求めるものを大きく変えました。 見方によっては、これは良い機会だったのかもしれません。なぜなら、もとより働き方の変革は必要なことだったからです。 今までにない大きな変化を乗り越えた私たちは、第五次産業革命に向かって進もうとしています。 職場への復帰も始まる中、組織にとっては、今がすべての従業員の役に立つ戦略的人財管理システムを構築する絶好の機会です。 そして、働き方の未来はまさに、人事部と人財育成担当者の手の中にあると言えます。 人財管理の役割にいる人は、他のビジネスリーダーが持っていない大事なカギを手にしています。それは、将来に向けて、仕事の環境を創造し直す役割です。変革の立役者として、皆さんは、従業員がよりつながり、協業が強化される、未来へ向かう人財を育成する機会に恵まれたのです。 そして未来は、働き方を創造し直すのに必要な勇気と心構えを持つ組織の手にあります。未来を迎えるには、変化への対応力や、強い目的意識の共有、協業の推進が必要です。従業員が連帯を感じ、そこに価値を見いだし、自然に全体の成長と成功を志向していく環境を提供しなければなりません。​ 私たちの働き方を創造し直し、未来の可能性を追求するような機会は、もう二度とないかもしれません。逃さないようにしましょう。 これから進むべき道探る手助けとして、The Josh Bersin CompanyやThe Fosway Groupなどの有力企業の世界的な人財育成の実践者や先進的なリーダーから、誰もが活用できる新しい戦略的人財管理システムを創り出す方法についての意見を求めました。 それらの意見は、皆さんの組織でのアプローチについて、新しい視点を提供してくれるかもしれません。 実績のある戦略、解析からの発見、実用的な例があふれるこのガイドブックは、未来に備えるために必要なインサイトとインスピレーションを提供してくれるでしょう。 そこで示されるやるべき事とは、以下のとおりです: 学習を人財とビジネスの成長の基盤とする スキルを新しい成長の指標とする スキル開発をキャリアパスにつなげる 作業には人工知能(AI)を活用する 今すぐガイドブックをダウンロードして、働き方改革を進め、従業員の適応力を高め、成長と成功を助ける方法を見つけましょう!

スキルインテリジェンスのビジネスへの活用例

リサーチ

スキルインテリジェンスのビジネスへの活用例

Institute for the Futureの調査によると、2030年に人々が就労している仕事の85%は、今まだ存在していないものだそうです。これからの社会では、変化への適応力、方向転換をいとわない柔軟性、課題へのチャレンジ精神がより重要視されます。 しかし、企業が社員のスキルセットを細かく把握していなければ、社員の強みがどこにあるのか、隠れた能力を引き出すにはどうすればいいのかなど、知ることはできません。 織の成長や成功をもたらすのに必要不可欠な要素として、スキルを重視する昨今、スキルインテリジェンスは、人財の管理、育成、活用を強化し、変化するニーズに柔軟に対応する組織の基盤を造るものとして期待されています。AIは、迅速に、自信を持ってビジネスにおける重大な決定を下す際の助けになります。では、その助けを得る具体的な活用方法とは何でしょう。 人事管理のゲームチェンジャーとなる人工知能(AI) AIは、人事の分野にも規模の価値を取り入れ、人々の行動パターンを理解し、個人の必要に応じてタイムリーにサポートを提供できる能力を備えています。今後どのような変化が訪れようとも、AIがあれば、人事担当や経営者はビジネスニーズに合わせて、より効果的に社員のスキルアップやリスキルを行うことができます。 機械学習と人工知能を適切に組み合わせて活用すれば、スキルの把握だけでなく、これまでにない行動指向型の人財管理に取り組むことが可能になるでしょう。 ライトハウス・リサーチ&アドバイザリーがまとめたこのレポートは、1,000社以上の雇用主と何千人もの労働者を対象にした調査をもとに、以下を解説します。 スキルインテリジェンスのコンセプト テクノロジーの中核となる人工知能 スキルインテリジェンスの活用例や応用 今すぐレポートをダウンロードしてください。AIとスキルインテリジェンスの活用で、自社のビジネスをより深く理解し、正確な予測をもって、刻々と変化する市場に対応していきましょう。

The Business Case for Skill Intelligence

リサーチ

The Business Case for Skill Intelligence

Research from the Institute for the Future reveals that a staggering 85 percent of the jobs that will exist in 2030 haven’t even been invented yet. Now more than ever, employees need to be adaptable, able to pivot, and ready to take on any challenge. Without deep insights into employee skill sets, where employees’ strengths lie, or how to tap into their hidden talents, however, none of that is possible. Skills have become the universal language for growth and success for every organisation. And skill intelligence allows businesses to better understand, develop, and provision talent to dynamically meet the needs of the organisation. It even allows us to make business-critical decisions more quickly and with greater confidence. But how exactly do you get those insights? Artificial intelligence (AI) for HR is game-changing AI has the power to increase HR scalability, recognise patterns in people’s behavior, and offer personalised support where and when needed. Using AI, HR and business leaders can more effectively upskill and reskill employees to meet shifting business needs and objectives — whatever demands the future may bring. With the right application of machine learning and artificial intelligence technologies, employers can go beyond tracking skills to enable action-oriented talent practices like never before. In this Lighthouse Research & Advisory report — based on a study of more than 1,000 employers and thousands of workers — you’ll learn: the concept of skill intelligence how AI forms the core of these initiatives the use cases and applications of skill intelligence Download the report now to learn how AI and skill intelligence can help your organisation uncover better insights about the business, make predictions, and effectively respond to dynamic market changes.

Skills Building

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

ホワイトペーパー

電子書籍

リサーチ

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

「かつてない事態」 「働き方の新時代」 「大変革」 こうした言葉を耳にされることも多いと思います。まさにその通りの状況があちこちで起きています。新型コロナをはじめ、世界各地で発生したさまざまなできごとが引き金となり、私たちの働き方、働く場所、そして従業員が仕事に求めるものを大きく変えました。 見方によっては、これは良い機会だったのかもしれません。なぜなら、もとより働き方の変革は必要なことだったからです。 今までにない大きな変化を乗り越えた私たちは、第五次産業革命に向かって進もうとしています。 職場への復帰も始まる中、組織にとっては、今がすべての従業員の役に立つ戦略的人財管理システムを構築する絶好の機会です。 そして、働き方の未来はまさに、人事部と人財育成担当者の手の中にあると言えます。 人財管理の役割にいる人は、他のビジネスリーダーが持っていない大事なカギを手にしています。それは、将来に向けて、仕事の環境を創造し直す役割です。変革の立役者として、皆さんは、従業員がよりつながり、協業が強化される、未来へ向かう人財を育成する機会に恵まれたのです。 そして未来は、働き方を創造し直すのに必要な勇気と心構えを持つ組織の手にあります。未来を迎えるには、変化への対応力や、強い目的意識の共有、協業の推進が必要です。従業員が連帯を感じ、そこに価値を見いだし、自然に全体の成長と成功を志向していく環境を提供しなければなりません。​ 私たちの働き方を創造し直し、未来の可能性を追求するような機会は、もう二度とないかもしれません。逃さないようにしましょう。 これから進むべき道探る手助けとして、The Josh Bersin CompanyやThe Fosway Groupなどの有力企業の世界的な人財育成の実践者や先進的なリーダーから、誰もが活用できる新しい戦略的人財管理システムを創り出す方法についての意見を求めました。 それらの意見は、皆さんの組織でのアプローチについて、新しい視点を提供してくれるかもしれません。 実績のある戦略、解析からの発見、実用的な例があふれるこのガイドブックは、未来に備えるために必要なインサイトとインスピレーションを提供してくれるでしょう。 そこで示されるやるべき事とは、以下のとおりです: 学習を人財とビジネスの成長の基盤とする スキルを新しい成長の指標とする スキル開発をキャリアパスにつなげる 作業には人工知能(AI)を活用する 今すぐガイドブックをダウンロードして、働き方改革を進め、従業員の適応力を高め、成長と成功を助ける方法を見つけましょう!

The Business Case for Skill Intelligence

リサーチ

The Business Case for Skill Intelligence

Research from the Institute for the Future reveals that a staggering 85 percent of the jobs that will exist in 2030 haven’t even been invented yet. Now more than ever, employees need to be adaptable, able to pivot, and ready to take on any challenge. Without deep insights into employee skill sets, where employees’ strengths lie, or how to tap into their hidden talents, however, none of that is possible. Skills have become the universal language for growth and success for every organisation. And skill intelligence allows businesses to better understand, develop, and provision talent to dynamically meet the needs of the organisation. It even allows us to make business-critical decisions more quickly and with greater confidence. But how exactly do you get those insights? Artificial intelligence (AI) for HR is game-changing AI has the power to increase HR scalability, recognise patterns in people’s behavior, and offer personalised support where and when needed. Using AI, HR and business leaders can more effectively upskill and reskill employees to meet shifting business needs and objectives — whatever demands the future may bring. With the right application of machine learning and artificial intelligence technologies, employers can go beyond tracking skills to enable action-oriented talent practices like never before. In this Lighthouse Research & Advisory report — based on a study of more than 1,000 employers and thousands of workers — you’ll learn: the concept of skill intelligence how AI forms the core of these initiatives the use cases and applications of skill intelligence Download the report now to learn how AI and skill intelligence can help your organisation uncover better insights about the business, make predictions, and effectively respond to dynamic market changes.

コーナーストーンラーニングスイート

データシート

コーナーストーンラーニングスイート

確実な管理機能とパーソナライズした魅力的な学習体験 人々の働き方や学び方は急激に変化しています。今や誰もがいつでも、どこからでも必要な情報に アクセスできることを求めています。一方、企業の学習システムはほとんどが従来からの一方的な お仕着せ型のままです。今の従業員は、何を、いつ、どのように、何のために学習するのか、自分 でコントロールしたいと考えているのです。コーナーストーンは、成長に応じた継続的な学習環境 を整え、企業の人材戦略に沿って包括的なソリューションをクラウドで提供し、投資対効果(ROI)を 高めます。

Talent Strategy

Hallmark:パフォーマンス管理を日課に

お客様事例

Hallmark:パフォーマンス管理を日課に

Hallmark社は1910年の創業で、現在は全世界に4万店舗を展開してメッセージカードなどのグリーティング商品を販売しています。子会社として、Crayola、Hallmark.com、Hallmark Channelなど数多くの企業を運営しています。同族企業ということもあって、社員を大切に育てる企業風土が根付いています。 ただし、社員3万5,000人のタレントマネジメントについては、スプレッドシートや従来型の古い学習管理システムに頼っていたため、業務効率の低さに頭を悩ませていました。 同社でタレントマネジメント担当HRマネージャーを務めるキャシー・アッテベリー氏は、「経営陣は社員に気を配り、社員は互いに支え合うのが当社の強みです。この企業風土は守っていかなければなりません」と述べています。 「人財こそが、会社の業績を大きく左右します。それなのに、人財を管理するシステムは時代遅れとなっていました。状況を一目で把握し、何が行われていて何が成功しているかを判断できなかったのです」 コーナーストーンを選んだ理由とは? Hallmark社ではベンダー各社に提案を求めて検討を進めた結果、コーナーストーンオンデマンドの統合タレントマネジメントプラットフォームを導入するという決断を下しました。評価のポイントは、SaaS(Software-asa-Service)なので可用性が高いということです。 「オンプレミスのシステムは運用経験もあるので安心でしたが、SaaSの利点である設定の柔軟さやアップグレードの容易さが決め手となりました」とアッテベリー氏は述べています。 コーナーストーンの手厚いカスタマーサポートも高く評価されました。 「コーナーストーンは顧客へのサービスやサポートについて、当社が取引するどのベンダーよりもはるかに高い基準を設けています。製品は少数精鋭で、購入後には価値が下がるどころか上がっていくのです。コーナーストーンの製品を購入した場合、3年後に得られる価値は、購入時よりもずっと大きくなるでしょう」(アッテベリー氏) 社員にとって、コーナーストーン・ラーニング、コーナーストーン・パフォーマンス、コーナーストーン・サクセッション(後継者育成)の使い方は、予想以上に簡単なものでした。 「当社は紙の製品を扱っているので、技術的なことは苦手です。それでも、コーナーストーンのソフトウェアはすぐに使えるようになりました。これは大きかったです」(アッテベリー氏) コンプライアンスプロセスを合理化 Hallmark社では、コーナーストーン・ラーニングを活用して、コンプライアンストレーニングの提供、倫理規定の配布、年次ポリシー評価を行っています。 「全米各州の社員と子会社に向けて、適切なコンプライアンス関連書類を配布しなければなりません。コーナーストーンのソリューションを使えば、カリフォルニア州用の書類はカリフォルニアの社員に、コネチカット州用の書類はコネチカットの社員に、確実に届けることができます。また、承認サインの追跡と記録も簡単です。年次ポリシー評価は、社員がスライドを確認して電子署名するだけなので、5分程度で済みます」(アッテベリー氏) パフォーマンス管理を「日課」に かつては業績評価プロセスに約5万5,000時間、240万ドルという多くの時間とコストを費やしていたにもかかわらず、その労力がパフォーマンスの向上につながる兆しはまったくありませんでした。 「書類の作業で忙しく、面談をする余裕がありませんでした。評価作業に多くの時間を取られ、肝心の評価後のフィードバックをほとんど提供できない状況だったのです」(アッテベリー氏) 同社では現在、コーナーストーン・パフォーマンスを活用してパフォーマンス管理を日常的に行えるようになっています。また、コーナーストーン・ラーニングを導入したことによって、パフォーマンス評価についてのマネージャー層の考え方も変わりました。 「コーナーストーンのソリューションのおかげで、パフォーマンスを評価する機会は年1回ではないと気づいてもらうことができました。当社では、『日々の暮らしの中に大切な瞬間がたくさんある』というメッセージを発信しています。タレントとパフォーマンスの管理も、日々の業務の中で大切な出来事なのです」 離職リスクを予測 Hallmark社では、コーナーストーン・サクセッションの9ボックスグリッドを使って、社員の能力を大局的に把握しています。 「コーナーストーンのソリューションで社員のパフォーマンス、潜在能力、給与などの状況を比較して、離職リスクに先手を打って対処しています」(アッテベリー氏) 将来のスキルギャップに対処 Hallmark社では現在、ベビーブーム世代の社員の一斉退職とミレニアル世代の社員の増加に対応する準備を進めています。 「コーナーストーンのソリューションから得られるデータを使って、全社の人財について分析と計画を行っています。これに基づいて、今後の事業を発展させるために重要なコンピテンシーを明らかにし、スキルやタレントについてどの部分で不足が生じるかを予測して、新世代の社員の教育に役立てています」(アッテベリー氏)

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

お客様事例

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

ブライトホライズン社はBright Horizons Family Solutions®というファミリーセンターを設け、幼児教育、就学前教育、企業内保育、一時託児サービス、教育アドバイスなどを提供しています。 1986年創業の同社は、保育サービス企業として唯一、フォーチュン誌の「アメリカにおける働きがいのある企業100社(100 Best Companies to Work for in America)」ランキングに選出されています。 同社では2010年以来、コーナーストーンオンデマンドの統合タレントマネジメントプラットフォームを活用し、26,000人の従業員に能力開発、業績管理、後継者育成を促進してきました。 年間で約50クラス、過去6年間では300クラスもの研修を提供しており、その管理には困難が伴っていました。 ブライトホライゾン社の学習サービスシステム担当マネージャー、ステファン・クイン(Stephen Quinn)氏は次のように話します。 「当社ではコホート機能を使ったグループ学習プログラムを通年で実施しており、幼児期教育の認定プログラムだけでも20クラスありますその受講登録や進捗管理といった事務は手作業で行っていました」 また、同社ではオンラインと集合を組み合わせたブレンド型学習プログラムを提供していましたが、ソーシャルとラーニングのコンポーネントにおいて受講者のエンゲージメントを高めるような枠組みが構築されていませんでした。 「カリキュラムとコミュニティが直結していませんでした」とクイン氏は話します。 コーナーストーンを選んだ理由とは? ブライトホライゾン社は2015年にコーナーストーンのコラボレーションラーニングの社内テストプログラムを立ち上げました。より総合的な学習体験を提供するコラボレーションラーニングを活用して、受講者間の交流の促進、学習内容の実際の業務への活用、より効果的で効率的なコホート機能を使ったグループ学習を提供し、社員の定着とエンゲージメントを向上させることが可能となりました。クイン氏は次のように話します。 「当社がこの数年間取り組んできたことに技術が追いついてきました。今までのガイド付き学習を取り入れて、コラボレーションラーニングを活用しています。リソースを節約できるため、取締役向けのプログラムや、取締役への昇格を控える部長クラス向けのプログラムなど、より多くの研修を提供することができます」 ブライトホライゾン社は2015年第4四半期からこのソリューションを展開しており、すべてのガイド付き学習をコーナーストーンで直接管理しています。また協調機能が強化され、他の受講者やインストラクターとの直接的なコミュニケーションが実現できました。 「コラボレーションラーニングは、ユーザーとインストラクターの双方の体験を向上させます。この新しいインターフェースはすでに反響を呼んでいます」とクイン氏は言います。 既存のガイド付き学習と一緒に管理 ブライトホライゾン社は26,000人の社員向けにコホート学習を継続して実施しています。 「これまでもコホート機能を使ったグループ学習を実施してきましたが、コミュニケーション主体のコラボレーションラーニングを取り入れることで、さらに効率化を図ることができます。これは非常に嬉しいことです。近いうちに研修への自動登録が可能となるでしょう。システムがその負担を担ってくれます。リソースを節約できることで、より多くのプログラムを提供することができます」とクイン氏は言います。 受講時に直接的なコミュニケーションやコラボレーションを実現 これまで、受講者間のやり取りはアドバイス的なものが一方的に行われ、直接のやり取りでも協調的なアプローチでもありませんでした。 「例えば、受講者にはブログを読み、2件のコメントを投稿して他の受講者との交流を促す、というやり取りで、自然な対話ではなかったのです。コラボレーションラーニングでは、もっと直接的なやりとりが可能となり、返答が来るまで待つ必要がなくなります。社員の直接参加が大幅に拡大すると期待しています」 クラスにアクセスする社員数が8倍に増加 コーナーストーン導入前は、同社のシステムにアクセスする社員は1,200人にとどまっていました。これが8倍増となる11,000人に増え、ブライトホライゾン社ではコラボレーションラーニングの導入により、さらに人数が増えると見込んでいます。 「コーナーストーンにより、研修を教員向けだけでなくこれまで手薄だった事業分野にまで拡大することができるようになりました。現在では、コンピテンシー評価、職歴、後継者育成計画、トレーニング動画など、よりキャリア志向のツールを提供し、リピート率を向上させています。また研修登録者全員の受講前後のコンピテンシー評価も実施しています。これにより習熟度を測定し、受講した社員の成長を確認しています」

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

データシート

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ ビジネスに貢献でき、成功するために必要なスキルは常に変化し続けています。そのような状況に対応するために、Cornerstone Content Anytimeは、現在最も必要とされてい るスキルを従業員に身につけさせることで、より優れたコミュニケーター、より力強いリーダー、より機能的なチームを構築することを目指しています。最新のコンテンツとそれぞれの学習者一人ひとりに合わせてパーソナライズされた学習体験により、パフォーマンスを向上させます。

© Cornerstone 2022
法的事項