ブログ投稿

10 Ways Leaders Can Unleash Corporate Capacity

Rita Trehan

Human Resources Consultant

In my book, Unleashing Capacity: The Hidden Human Resources, I discuss the concept of capacity: the ability for a company to anticipate and react to market changes, as well as get ahead of these disruptions to become market leaders. To effectively prepare for change, HR teams must become the owners of corporate capacity, for without human capital and the proper allocation of resources—all of which fall under HR's purview—preparedness would not be possible. It also means that company leadership must not only be savvy in proven principles of success, but also put capacity at the core of business decisions.

When most of us think of leadership principles, we consider methods of success and practices of the successful whose example we could emulate. Many of these are pretty rote at this point, but then there are some that are less known, such as those aspects of leadership that enable capacity, corporate culture and innovation.

Capacity is the key for creating an organization that thinks creatively, acts cohesively and remains dedicated to success—here's how leaders can unleash it.

Get Answers Outside the Office

Most CEOs and business leaders read daily newspapers, blogs and plenty of whitepapers. They attend conferences and networking functions, they talk to their people. But are they pulling from experiences that have nothing to do with business? A walk through the park, dinner at a new restaurant, a rock concert or an art show can spark creativity. It also spells a more well-rounded person, which creates a more effective leader.

Hire a Team that Knows Things You Don't

The greatest leaders know how to admit that they don't know everything. Capacity-driven leaders seek the best and brightest to fill those knowledge gaps. The best leaders don't have to know how everything works—they need to know how to bring those experts with different areas of expertise together to create magic.

Invest in Diversity

Homogeny can become stale, stagnant and will eventually become obsolete. Corporate diversity is important—organizations need people from various backgrounds with a variety of experience and skills working together toward two common goals: innovation and excellence. Seek diversity, pay handsomely, motivate daily, reward for performance and watch your organization thrive.

Create a Multi-Purpose Workforce

Single-task orientation creates disposable employees. Everyone in the company should add value in more than one way, particularly in a small organization. Cross-training, stretch assignments, and team projects are just a few ways to develop your employees' skills. When the company needs to pivot on a dime, you need all hands on deck ,and if those hands can accomplish multiple tasks, you'll reach your goals much faster.

Maintain Relentless Positivity

Writer Charles Swindoll once said that life is 10 percent what happens to you and 90 percent how you react to it. Your people need to feel that passion and positivity from every aspect of leadership. It's infectious and you need it to inoculate the team against malaise and fear when times get tough.

Solve Future Problems

Following a period of market disruption, many businesses focus on "the now" as they try to stay afloat in choppy market waters. To be a disruptor, find the need no one has filled and answer the question that has yet to be asked. Look for problems that will be caused by obstacles down the road and solve them.

Celebrate Successes, Then Challenge Them

It's important to mark your wins. You must celebrate, and you must let your team relish a win. But it's critical to immediately figure out how to leverage your win, learn from any mistakes or hardships and set a high bar to perform even better the next time.

Plan Your Obsolescence

Your business or market will most likely become redundant one day. This doesn't have to be a business death sentence, however, assuming you're prepared. Plan your next move before you need to make it. A culture of innovation will help make a roadmap, and capacity will ensure you're ready when the time comes to act.

Value Downtime

Overworking is passé. Millennials reject this type of working entirely, and we should follow their lead. Part of creating a capacity-driven culture means not having to run at 110 percent all the time. Create and reinforce a culture that demands for and rewards excellence while everyone is on the clock as much as it reinforces the need for time away from the office.

Practice Organizational Readiness

Capacity-driven leadership knows the time will come when the business will need to shift quickly, and it's best to practice for that occasion. Leadership should test the waters with micro-product releases or other corporate activities that help prepare the team to execute rainy day strategies.

Business longevity is no longer a given. Simply thinking about how your organization executes the things outlined above and where you fall short is a great start in assessing where you stand today. Acting to correct any shortcomings, of course, is key to ensuring success.

Photo: Creative Commons

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

お客様事例

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

ブライトホライズン社はBright Horizons Family Solutions®というファミリーセンターを設け、幼児教育、就学前教育、企業内保育、一時託児サービス、教育アドバイスなどを提供しています。 1986年創業の同社は、保育サービス企業として唯一、フォーチュン誌の「アメリカにおける働きがいのある企業100社(100 Best Companies to Work for in America)」ランキングに選出されています。 同社では2010年以来、コーナーストーンオンデマンドの統合タレントマネジメントプラットフォームを活用し、26,000人の従業員に能力開発、業績管理、後継者育成を促進してきました。 年間で約50クラス、過去6年間では300クラスもの研修を提供しており、その管理には困難が伴っていました。 ブライトホライゾン社の学習サービスシステム担当マネージャー、ステファン・クイン(Stephen Quinn)氏は次のように話します。 「当社ではコホート機能を使ったグループ学習プログラムを通年で実施しており、幼児期教育の認定プログラムだけでも20クラスありますその受講登録や進捗管理といった事務は手作業で行っていました」 また、同社ではオンラインと集合を組み合わせたブレンド型学習プログラムを提供していましたが、ソーシャルとラーニングのコンポーネントにおいて受講者のエンゲージメントを高めるような枠組みが構築されていませんでした。 「カリキュラムとコミュニティが直結していませんでした」とクイン氏は話します。 コーナーストーンを選んだ理由とは? ブライトホライゾン社は2015年にコーナーストーンのコラボレーションラーニングの社内テストプログラムを立ち上げました。より総合的な学習体験を提供するコラボレーションラーニングを活用して、受講者間の交流の促進、学習内容の実際の業務への活用、より効果的で効率的なコホート機能を使ったグループ学習を提供し、社員の定着とエンゲージメントを向上させることが可能となりました。クイン氏は次のように話します。 「当社がこの数年間取り組んできたことに技術が追いついてきました。今までのガイド付き学習を取り入れて、コラボレーションラーニングを活用しています。リソースを節約できるため、取締役向けのプログラムや、取締役への昇格を控える部長クラス向けのプログラムなど、より多くの研修を提供することができます」 ブライトホライゾン社は2015年第4四半期からこのソリューションを展開しており、すべてのガイド付き学習をコーナーストーンで直接管理しています。また協調機能が強化され、他の受講者やインストラクターとの直接的なコミュニケーションが実現できました。 「コラボレーションラーニングは、ユーザーとインストラクターの双方の体験を向上させます。この新しいインターフェースはすでに反響を呼んでいます」とクイン氏は言います。 既存のガイド付き学習と一緒に管理 ブライトホライゾン社は26,000人の社員向けにコホート学習を継続して実施しています。 「これまでもコホート機能を使ったグループ学習を実施してきましたが、コミュニケーション主体のコラボレーションラーニングを取り入れることで、さらに効率化を図ることができます。これは非常に嬉しいことです。近いうちに研修への自動登録が可能となるでしょう。システムがその負担を担ってくれます。リソースを節約できることで、より多くのプログラムを提供することができます」とクイン氏は言います。 受講時に直接的なコミュニケーションやコラボレーションを実現 これまで、受講者間のやり取りはアドバイス的なものが一方的に行われ、直接のやり取りでも協調的なアプローチでもありませんでした。 「例えば、受講者にはブログを読み、2件のコメントを投稿して他の受講者との交流を促す、というやり取りで、自然な対話ではなかったのです。コラボレーションラーニングでは、もっと直接的なやりとりが可能となり、返答が来るまで待つ必要がなくなります。社員の直接参加が大幅に拡大すると期待しています」 クラスにアクセスする社員数が8倍に増加 コーナーストーン導入前は、同社のシステムにアクセスする社員は1,200人にとどまっていました。これが8倍増となる11,000人に増え、ブライトホライゾン社ではコラボレーションラーニングの導入により、さらに人数が増えると見込んでいます。 「コーナーストーンにより、研修を教員向けだけでなくこれまで手薄だった事業分野にまで拡大することができるようになりました。現在では、コンピテンシー評価、職歴、後継者育成計画、トレーニング動画など、よりキャリア志向のツールを提供し、リピート率を向上させています。また研修登録者全員の受講前後のコンピテンシー評価も実施しています。これにより習熟度を測定し、受講した社員の成長を確認しています」

コーナーストーン  ・スキルグラフ_テクニカルデータシート

データシート

コーナーストーン ・スキルグラフ_テクニカルデータシート

コーナーストーン・スキルグラフは、従業員のスキルにフォーカスした人 財戦略です。コーナーストーンのいずれかをご利用になっていれば、2.5億 の職種、53,000種類を超えるスキルのインテリジェントオントロジーにア クセスできます。あらかじめどの従業員プロファイルにもとりこまれてい ます。 言語サポートやエシカルAIから実装プロセスやセキュリティまで、コーナ ーストーン・スキルグラフに関するテクニカルな解説をしています。ぜひ ダウンロードしてご一読ください。

コーナーストーンHRスイート

データシート

コーナーストーンHRスイート

グローバルな組織・人事データを一元化して表示することで、より客観的な指標に基づく意思決定を可能に コーナーストーンのHRスイートは制約の多い高額なHRシステムに変わって、柔軟性や非様態効果 の高いソリューションを提供します。HRスイートは強力な管理機能やプランニング機能、表示機能 を備え、人材にまつわるすべてのデータを集中管理できます。短期間の導入で導入コストを大幅に 削減でき、ビジネスの成長に必要な情報が簡単に入手できるようになります。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項