ブログ投稿

Are Health Analytics the Future of Wellness Programs?

Benjamin Prinzing

Founder and President of Kadalyst

Today's wellness programs still heavily rely on viewing historical data, which forces you to design your health and wellbeing plans by looking through the proverbial rearview mirror. In a time where the focus is on "prevention," this method means we may already be too late.

What if you could look outward through the windshield and see what's ahead, avoid accidents and become the most efficient drivers on this journey to employee health? More importantly, what if possessing such "powers" was the difference between saving a colleague's life and losing someone?

What Are Health Analytics?

Artificial intelligence (AI) has found its way into the healthcare industry, and for good reason. Healthcare providers need technology to help them make better decisions regarding patient care. That's where health analytics plays a vital role, analyzing medical and pharmacy claims, biometric screening data, as well as other sources that provide a level of influence and confidence in the decision making process.

Data scientists have developed sophisticated algorithms, that can now predict within a 95 percent accuracy if someone will visit the Emergency Room within the next 12-months, as well as forecast future healthcare cost drivers. Such tools are now being made available outside "the clinic" and into the hands of employers, health plans, insurance brokers and wellness providers.

Image courtesy of MEDAi - Based on an independent study by Milliman

An independent study across 100 employers, totaling 176,000 employees, set out to determine the accuracy of one such AI too, MedAi. The blue dots represents the predicted healthcare costs and the overlaying pink dots reflect the actual costs incurred. This study demonstrated the accuracy of the forecasting tool to be within a 95 percent certainty.

Think on that for a second. Can you imagine if you knew that Susan in Human Resources was likely going to have a major health event within the next year that would put her in the Emergency Room? Though HIPAA prevents you from knowing this about Susan directly, your health coaching vendor could, potentially, save her life. Pretty amazing, right?

What Can You Do With Health Analytics?

What if you could filter the data on your organization by location, demographics and health condition? You might instantly see that your facility in Wichita, KS has a prevalence of high cholesterol among your male population over age 40, costing you a forecasted amount of $150,000. Plus, 5 percent of those identified will likely be in the Emergency Room within the next year, and 20 percent of them don't currently have a Primary Care Physician (PCP). What could you do armed with this kind of information? The correct answer: a lot!

Image courtesy of Springbuk.com, displaying data filter capabilities that react instantly on the dashboard. Tools like Springbuk allow you to create a focused cohort, so you can monitor groups over time to see if care gaps are being closed and forecasted costs are decreasing.

For example, you could send out mailers to all your male workers about the importance of having a PCP and showcase 3-4 providers in-network within 5-miles of the facility. Your Health Coaching vendor could provide outreach to these employees to discuss ways of decreasing their cholesterol, and your Disease Management vendor could assist in closing care gaps. (And if you don't have vendors, you now have the data to inform your leadership that you need them!)

Health analytics are the future of employee health management, and today's wellness leaders know that in order to make a sustainable impact on employee health—and healthcare costs—they need to be armed with smart intelligence.

Header Photo: Twenty20

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

お客様やパートナーとの 新しい協力関係を目指して

データシート

お客様やパートナーとの 新しい協力関係を目指して

急速な変化を続ける業務環境では、従来のやり方にとらわれ ない適応力が求められます。重要なステークホルダーの関心 をどうやって組織全体の方向性に重ねていくかは、今までにな い優先事項となっています。お客様のビジネスに合わせて柔 軟に対応できるよう設計されているコーナーストーン社外向 けトレーニングは、組織の成長に合わせ、社外の利用者にも 最新の情報と学習内容を提供します。

株式会社アルバック:履修率100%を実現する教育ポータル

お客様事例

株式会社アルバック:履修率100%を実現する教育ポータル

アルバックは1952 年、「若い世代の未来を真空で豊かにしたい」「真空技術で産業と科学の発展に貢献しよう」という若い技術者の理念のもと、6 人の当時の財界有力者が出資者となって誕生した企業です。真空技術は現在でも欠かせないもので、液晶フラットパネルディスプレイ、半導体、電子部品、さらには自動車、食品、医薬品など多くの生産工程でアルバックの真空技術が使われています。 アルバックの事業は国内にとどまりません。現在では国内の売上が約35%、海外の売上が65%とグローバルに展開し、国内外のグループ会社は世界49 社になります。 グローバル化の展開に伴い、各国の生産現場からあがってきたのが、「わからないことがあっても、どこに聞けばよいのかがわからない」という声でした。従来は日本から技術者を派遣し、技術伝承を行ってきましたが、グローバル展開が加速して拠点数が増え、人財育成の要望が増えた一方で、国内のベテランの定年による減少に伴い、需要を満たすだけのベテラン社員を派遣することが難しくなっていたのです。従来とは異なる新たな社内教育の仕組みを作る必要に迫られました。 そこで2015 年から、生産本部のスタッフが中心となって、教育の仕組み作りが進められました。 その際に教育プラットフォームとして選択されたのがコーナーストーンオンデマンドのソリューションでした。この取り組みは社内で高く評価され、生産本部だけの利用にとどまらず、現在では教育部門の人財センターで全社員を対象に利用されるようになっています。2019 年6 月末までにグループ全体となる6400 人の利用を見込みます。 コーナーストーンを選んだ理由とは? 中国駐在から帰ったアルバックの廣瀬知子氏(人財センター 副参事)は、「海外のグループ会社でも利用できる教育の仕組みを作らねばならない」と痛感していました。グループ会社に専門教育を実施し、生産性を上げることが命題でした。当時、廣瀬氏は生産本部に所属していましたが、駐在先の中国で、現地のグループ会社社員が必要な情報を得たくても得ることができない状況を目の当たりにしていたのです。 帰任後、生産本部で利用する新しい教育システムを探し始めた廣瀬氏は、展示会でコーナーストーンのソリューションを知りました。 「コーナーストーン・ラーニングは人事のプロでなくても、使いやすそうな製品という印象でした。グループ会社がある海外でも使うことを想定していたため、多言語対応であり、また海外拠点でもサポートを受けることができるシステムが望ましいという判断もありました。」(廣瀬氏)コーナーストーンは、この点からもニーズに合致していました。廣瀬氏は中国やマレーシアなどの通信体制に懸念のある地域で導入デモンストレーションを行ったのち、コーナーストーンを導入しました。 コーナーストーンは、この点からもニーズに合致していました。廣瀬氏は中国やマレーシアなどの通信体制に懸念のある地域で導入デモンストレーションを行ったのち、コーナーストーンを導入しました。 2016年6月、契約後わずか3か月で社内教育のためのポータルサイトとしてeラーニングシステムが稼働しました。当初は利用者300人からのスタートでした。 長期出張者でも学習できる体制で、必須科目の履修率が大幅向上 eラーニングシステム導入以前、アルバックで行われていた社内教育のメインは集合教育でした。集合教育の様子をビデオで録画し、イントラネットの学習に利用することもありました。「わざわざeラーニングシステムを導入しなくても、これまで使っていたものをイントラネット経由で利用するだけで十分ではないか?」という声も社内からあがったと言います。 しかし廣瀬氏は、「従来の仕組みには欠点があったのです」と指摘します。「仕事の性質上、長期間客先に出張し、業務を行う社員がいます。従来の仕組みでは、出張先で学習することができませんでした。長期出張中であっても、必要な教育を出張先で受けることができるeラーニングが必要でした。」また、製造の現場にはサービス、安全、コンプライアンスといった必須で学習する必要があるコンテンツが数多く存在します。コーナーストーン・ラーニングでは、これら必須科目についても期限を決めて履修率を確認し、未履修の人には声かけをすることで履修を促すことができます。 コーナーストーンのeラーニングシステムをULVAC Academy Portalとして導入してから、長期出張中であっても学習できる体制が整いました。以前であれば、出張中で履修が難しかった人も含め、安全保障貿易管理基本教育など必須科目の履修率100%を実現することができるようになりました。」(廣瀬氏) 資格管理の把握が容易に また、生産現場から課題としてあがっていた、「資格管理」もこれから行っていきます。以前からイントラネットで資格取得者が何人いるのかを確認することはできたのですが、「資格を持っていない人が何人いるのか」、「期限付きの資格が切れる時期はいつなのか」といった資格管理のための情報は取得することはできませんでした。 コーナーストーン・ラーニングでは、社員の資格管理を一元管理できます。管理者が資格取得の状況や、資格が切れる時期も確認できるようになったので、仕事が始まる前に資格取得の学習をしてもらうよう指示を出すことができるようになりました。資格が切れて作業ができなくなる空白期間を作らないようにするよう、事前に対策をとることができます。 事前学習を促し、新しい業務への配置に応用 さらに、新しい仕事をしてもらう際には、資格の保有状況だけでなくこれまでの経験を管理者が確認し、新しい仕事に臨む準備を促すことができます。 「新しい装置を扱うための教材をコースで提供することで、事前に学習するモチベーションにつなげたいと考えています。またすでに履習した人を把握して、業務の配置などに応用することも検討できるようにしていきます。」(廣瀬氏) 生産本部から全社へ利用範囲が拡大 生産本部で始まったポータルは2017年度から全社で利用するシステムとなりました。廣瀬氏をはじめ、生産本部でシステムに関わっていたスタッフも人財育成部門の人財センター所属となりました。 全社で利用するものとなったことで、コンテンツの種類も広がりました。当初は生産部門向けが中心だったコンテンツに、会社の理念、歴史を紹介するものが加わりました。 また、社員が利用するポータルサイトとは別に、請負スタッフ向けポータルサイトを求める声があがったことで請負スタッフ向けポータルサイトが作られるなど、ニーズに合わせたシステムやコンテンツの充実がはかられています。 2019年6月末には、グループ会社も含めた全社員がeラーニングを利用できるようになる予定です。これが実現すれば、これまで行われてきたコンプライアンス、安全基本教育といった全社員必須の教育については、集合研修を撤廃し、eラーニングに置き換えることが計画されています。集合教育の場合、自分の業務とタイミングが合わず履修することができないケースがありますが、eラーニングであれば自分の都合が良い時に履修することができるため、全社員が履修しなければならない必須教育には適していると判断したからです。受講者と講師の両者の観点から効果と効率を考え、eラーニングと集合教育を使い分けていく方向です。 「今後は、社員がステップアップを望む際に利用できる教育コンテンツなど、教材を充実していくことが課題の1つです。もう1つの課題は、すでに提供されている教材の内容を簡単に紹介する要約や、ダイジェスト版動画を提供するなど、既存コンテンツの利用促進となるような仕掛け作りです。作ったものが使われないポータルサイトにしてはいけないと考えています」(廣瀬氏)

Why Corporate Wellness Programs Aren't for Number Crunchers

ブログ投稿

Why Corporate Wellness Programs Aren't for Number Crunchers

The hype around wellness in the workplace has reached critical mass. Corporations that once rolled their eyes at Google's full-time yoga instructors are now doling out annual wellness stipends of their own — paying for more "Namaste" to retain employees and promote overall wellness. And there's no sign the investment will stop anytime soon. According to the RAND Corporation, companies spend a total of $6 billion annually on wellness programs. Google, for example, shells out nearly $13,000 a pop on its nap pods, while Shutterstock offers employees weekly massages that amount to $50 per hour per employee (plus $800 for each massage chair). This isn’t to say it’s always expensive to run these programs — some can be low to no cost. In 2015, RAND found that most organizations plan to invest the same as 2014 (if not more) into corporate wellness programs. But the question remains: Is this a money-wasting fad or a valuable engagement and retention tool? The Employee Engagement Argument With 70 percent of U.S. workers reporting that they feel disengaged in the office, some companies believe wellness programs will reverse the trend. It makes more sense (even monetarily) to try to re-engage disillusioned employees than hunt for new talent. Studies show that disengaged workers are 2.5 times more likely to leave their jobs. One way to keep them is through these programs. "Employees value wellness-related benefits and want to work for companies that support their health-related goals," says David Roddenberry, founder of health-incentive company HealthyWage. To Roddenberry's point, experts have found that the next generation of workers place value in meaningful workplace perks, sometimes choosing a company with a healthy ethos over one that will simply offer them a larger paycheck. A survey from TechnologyAdvice found that 56 percent of people would trade a salary increase for workplace perks, with gym memberships as the second-most requested perk. The Business Case From a business perspective, however, wellness programs can seem like a money-suck as there's no clear — or uniform — way to measure ROI. Some companies opt to measure retention rates after implementing new practices, while others focus on decreased healthcare claims. It's hard to know for certain if Carol in accounting quit smoking because of the new corporate cardio classes, for example, or because her daughter implored her to make the life change — or maybe both. The difficulty, says Roddenberry, arises when companies simply throw money at wellness, but don't implement an actual program (i.e., they don't set goals or have a great answer to the "why" of the investment). Copycat programs and lack of due diligence do not make for successful employee wellness programs. "Incentives are a great example of something that works well in certain contexts, but not others," Roddenberry notes. "Some employers think that you can offer a $200 reward and expect employees to lose weight or quit smoking. Unfortunately, the money alone is not enough. The $200, when administered as part of a well-structured weight loss or smoking cessation game, can drive significant positive lifestyle change." The Takeaway Probably the most extensive employee wellness study to-date is a seven year study of 67,000 PepsiCo employees. While the study found that the beverage behemoth's chronic disease management programs lowered health care costs (lowering hospital visits 29 percent), lifestyle programs proved less successful (for each dollar spent on lifestyle programs, Pepsi lost $.52 in health care costs). The takeaway? Don't invest in a wellness program if your goal is to save money—invest in it if you want to improve company culture and help employees get closer to the ever-elusive "work-life balance." "Unfortunately, too many companies are trying to implement wellness programs with little to no experience or game plan for success," Kinema Fitness president Joshua Love writes on Forbes. "As a result, more programs fail than succeed. The real problem? Corporate wellness cannot be treated as a band-aid, and you definitely won't be able to find it in a fitness app." Ultimately, an investment can't be about returns. It can, however, foster a community of people geared towards a common goal. Better engagement, higher attendance rate, healthier families and talent attraction are all commonly believed to be by-products of a thoughtful wellness program — the question for HR is whether or not you're willing to take that leap of faith. Photo: Shutterstock

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項