ブログ投稿

Etude Cornerstone OnDemand-Féfaur - Moins de la moitié des entreprises ont développé une politique de gestion des talents

Geoffroy de Lestrange

Southern Europe Marketing Manager, Cornerstone

Selon une étude Féfaur/Cornerstone, sur la gestion des talents dans les entreprises françaises. L’occasion de revenir sur l’état de maturité du marché et d’identifier les tendances des secteurs en pleine ébullition.

La gestion des talents est un sujet essentiel pour les entreprises. Face à la concurrence accrue dans certaines industries et à l’émergence de nouveaux métiers, les organisations doivent se réinventer à grande vitesse. Pour y parvenir, une gestion optimale des talents est un atout stratégique. Afin de se démarquer de la concurrence, être performant, innover, anticiper les transformations du marché et des métiers sont nécessaires. Faire émerger et cultiver le potentiel des collaborateurs constituent donc un levier d’action.

4 entreprises sur 5 considèrent qu’il s’agit d’un sujet très important

Les entreprises ont conscience qu’il ne suffit pas de repérer les talents, leur gestion doit s’inscrire dans une démarche plus globale. Cette prise de conscience résulte du constat que la guerre des talents est loin d’être finie, notamment pour identifier les compétences nouvelles et émergentes. Susciter une forte adhésion des collaborateurs en leur offrant de vraies perspectives de carrière permet également de développer et fidéliser les talents.

La formation (77,63 %) reste, aujourd’hui, le meilleur moyen pour développer les talents en entreprises et challenger les collaborateurs, loin devant la mobilité (52,63 %). La formation permet d’aligner les métiers d’aujourd’hui avec les compétences de demain. Le défi des RH est donc de s’assurer que les collaborateurs, actuels et à venir, puissent répondre aux besoins business de leur entreprise. De son côté, si la mobilité représente un coût moindre et constitue un véritable « ascenseur social » interne, elle demeure toutefois complexe car elle implique d’autres domaines tels que la formation, l’évaluation ou encore la succession.

1 entreprise sur 3 n’utilise aucune solution technologique pour gérer leurs talents

La transformation digitale a eu un impact sur toutes les activités de l’entreprise et les ressources humaines (RH) ne sont pas en reste. Piloter un projet de digitalisation implique de maîtriser et d’anticiper l’impact du numérique sur les métiers de l’organisation.

Les processus de gestion des talents sont aussi concernés par cette digitalisation. Néanmoins, l’étude révèle que plus d’un tiers (34 %) des entreprises interrogées gèrent les collaborateurs sans logiciels IT. Soit 4 % de moins qu’en 2017. Si le progrès existe, il pourrait être plus rapide. D’autant plus, que face au volume des données gérées par les départements, on s’interroge sur l’efficacité d’un tel procédé.

Heureusement, on observe que 21 % d’entre elles ont implémenté un logiciel de gestion des talents et 10 % qui ont choisi de développer le leur en interne. Le premier chiffre est en forte évolution par rapport à 2017 où on ne comptait que 13,2 % d’organisations ayant mis en place un Talent Management System.

1/4 des DRH consacrent plus d’1/4 de leur temps à la gestion des talents

La fonction RH a évolué ces dernières années. Les gestionnaires RH ne sont plus uniquement cantonnés au recrutement, à la gestion des congés ou à la paie. Désormais, ils ont un impact réel sur l’activité de l’entreprise notamment par la détection et l’attraction des futurs profils clés.

Ainsi, ils sont donc 26,8 % à consacrer plus de 25 % de leurs temps à gérer les talents, un chiffre en forte augmentation depuis 2017 (16,7 %). En 2017, 21 % des DRH utilisaient moins de 5 % de leur emploi du temps à cette tâche contre 14,49 % actuellement. Néanmoins, il faut différencier l’opérationnel, à savoir le support des RH au manager qui demande un recrutement, du stratégique, qui comprend notamment la mobilité interne, l’évolution des besoins… Toutefois, ce changement de mentalité s’explique par le fait que les dirigeants réalisent, enfin, l’importance des RH sur l’activité globale de l’entreprise.

La gestion des talents et l’engagement des collaborateurs vont de pair

Une politique de gestion des talents optimale engendre des résultats positifs surtout à long terme. Près de 55% des répondants expliquent avoir obtenu un meilleur engagement de leurs collaborateurs depuis la mise en place d’une telle politique. Preuve qu’engager et fidéliser demeurent les principales priorités des entreprises.

De plus, 50 % des entreprises ont constaté une adéquation entre les compétences internes et les besoins futurs de l’entreprise. Ce chiffre reflète le rôle « macro » que joue la gestion talents dans le développement des organisations. Leur compétitivité résidera donc dans leur capacité à anticiper les futures transformations de leur industrie et de certains métiers.

Le budget, véritable frein au développement d’une politique de gestion de talents

Au-delà des freins culturels, l’étude confirme que le manque de budget est le principal obstacle à la gestion des talents. Les DRH ne peuvent donc être taxés de ne pas y croire, d’autant plus qu’ils y consacrent plus de temps. Il est donc temps de donner aux départements RH des moyens pour développer les talents. Chers dirigeants, il est temps d’agir !

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

コーナーストーンリクルーティングスイート

データシート

コーナーストーンリクルーティングスイート

採用候補者をただ追いかけるのではなく採用時からエンゲージメントを高め、定着率をあげましょう コーナーストーンのリクルーティング・スイートは、今日の複雑化した採用ニーズを考慮して設計 されており、企業のブランドを強化し、候補者に好印象を与えるエクスペリエンスを提供するため のツールを備えています。まだ迷っている候補者から、既存の従業員までのあらゆる人材を対象に 採用に関するすべての決定を迅速かつ的確に実行できるようになります。

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

お客様事例

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

ブライトホライズン社はBright Horizons Family Solutions®というファミリーセンターを設け、幼児教育、就学前教育、企業内保育、一時託児サービス、教育アドバイスなどを提供しています。 1986年創業の同社は、保育サービス企業として唯一、フォーチュン誌の「アメリカにおける働きがいのある企業100社(100 Best Companies to Work for in America)」ランキングに選出されています。 同社では2010年以来、コーナーストーンオンデマンドの統合タレントマネジメントプラットフォームを活用し、26,000人の従業員に能力開発、業績管理、後継者育成を促進してきました。 年間で約50クラス、過去6年間では300クラスもの研修を提供しており、その管理には困難が伴っていました。 ブライトホライゾン社の学習サービスシステム担当マネージャー、ステファン・クイン(Stephen Quinn)氏は次のように話します。 「当社ではコホート機能を使ったグループ学習プログラムを通年で実施しており、幼児期教育の認定プログラムだけでも20クラスありますその受講登録や進捗管理といった事務は手作業で行っていました」 また、同社ではオンラインと集合を組み合わせたブレンド型学習プログラムを提供していましたが、ソーシャルとラーニングのコンポーネントにおいて受講者のエンゲージメントを高めるような枠組みが構築されていませんでした。 「カリキュラムとコミュニティが直結していませんでした」とクイン氏は話します。 コーナーストーンを選んだ理由とは? ブライトホライゾン社は2015年にコーナーストーンのコラボレーションラーニングの社内テストプログラムを立ち上げました。より総合的な学習体験を提供するコラボレーションラーニングを活用して、受講者間の交流の促進、学習内容の実際の業務への活用、より効果的で効率的なコホート機能を使ったグループ学習を提供し、社員の定着とエンゲージメントを向上させることが可能となりました。クイン氏は次のように話します。 「当社がこの数年間取り組んできたことに技術が追いついてきました。今までのガイド付き学習を取り入れて、コラボレーションラーニングを活用しています。リソースを節約できるため、取締役向けのプログラムや、取締役への昇格を控える部長クラス向けのプログラムなど、より多くの研修を提供することができます」 ブライトホライゾン社は2015年第4四半期からこのソリューションを展開しており、すべてのガイド付き学習をコーナーストーンで直接管理しています。また協調機能が強化され、他の受講者やインストラクターとの直接的なコミュニケーションが実現できました。 「コラボレーションラーニングは、ユーザーとインストラクターの双方の体験を向上させます。この新しいインターフェースはすでに反響を呼んでいます」とクイン氏は言います。 既存のガイド付き学習と一緒に管理 ブライトホライゾン社は26,000人の社員向けにコホート学習を継続して実施しています。 「これまでもコホート機能を使ったグループ学習を実施してきましたが、コミュニケーション主体のコラボレーションラーニングを取り入れることで、さらに効率化を図ることができます。これは非常に嬉しいことです。近いうちに研修への自動登録が可能となるでしょう。システムがその負担を担ってくれます。リソースを節約できることで、より多くのプログラムを提供することができます」とクイン氏は言います。 受講時に直接的なコミュニケーションやコラボレーションを実現 これまで、受講者間のやり取りはアドバイス的なものが一方的に行われ、直接のやり取りでも協調的なアプローチでもありませんでした。 「例えば、受講者にはブログを読み、2件のコメントを投稿して他の受講者との交流を促す、というやり取りで、自然な対話ではなかったのです。コラボレーションラーニングでは、もっと直接的なやりとりが可能となり、返答が来るまで待つ必要がなくなります。社員の直接参加が大幅に拡大すると期待しています」 クラスにアクセスする社員数が8倍に増加 コーナーストーン導入前は、同社のシステムにアクセスする社員は1,200人にとどまっていました。これが8倍増となる11,000人に増え、ブライトホライゾン社ではコラボレーションラーニングの導入により、さらに人数が増えると見込んでいます。 「コーナーストーンにより、研修を教員向けだけでなくこれまで手薄だった事業分野にまで拡大することができるようになりました。現在では、コンピテンシー評価、職歴、後継者育成計画、トレーニング動画など、よりキャリア志向のツールを提供し、リピート率を向上させています。また研修登録者全員の受講前後のコンピテンシー評価も実施しています。これにより習熟度を測定し、受講した社員の成長を確認しています」

コーナーストーン  ・スキルグラフ_テクニカルデータシート

データシート

コーナーストーン ・スキルグラフ_テクニカルデータシート

コーナーストーン・スキルグラフは、従業員のスキルにフォーカスした人 財戦略です。コーナーストーンのいずれかをご利用になっていれば、2.5億 の職種、53,000種類を超えるスキルのインテリジェントオントロジーにア クセスできます。あらかじめどの従業員プロファイルにもとりこまれてい ます。 言語サポートやエシカルAIから実装プロセスやセキュリティまで、コーナ ーストーン・スキルグラフに関するテクニカルな解説をしています。ぜひ ダウンロードしてご一読ください。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項