ブログ投稿

How to Humanize Your Organization in the Era of HR Technology

Carol Anderson

Founder, Anderson Performance Partners

Today's HR buzzword: "humanize". More and more I see articles and now even a book about humanizing organizations. It makes sense: With the impact of HR technology, people analytics and social media, it is reasonable to worry that we have lost the ability to relate to each other as human beings.

Many of the HR technology and performance management software tools boast the ability to predict what people will or can do, which is attractive to large organizations that cannot individually engage with every employee. At the same time, one can only generalize the results of research beyond the original group if the variables are identical. With people involved, the variables are rarely identical.

We reduce people to research, science and statistics and stop there. We provide megabytes of people analytics in the form of reports to management, but miss the opportunity to turn the data into the human touch.

Here's the secret: When you dig deep and look at what makes an organization work, it comes down to people and relationships. Talent management technology and social media are tools, nothing more.

In that way, talent management must be a blend of science and art. Science and technology alone won't make things happen in a business environment. The "art" is using science to create dialogue, build relationships and transform human behavior to generate steady progress toward business success.

Here are three things that HR can do to add a little art to the science.

1) Focus on a Main Data Point

First, do your due diligence. What do people analytics reports tell you, and how do the HR reports compare to the business performance? Why are these numbers important to business leaders?

If you don't identify a "why," it's unlikely leaders will pay attention to the numbers. And if they're bombarded with numbers, it's rare they'll take the time to parse through. Instead, develop a strategy and presentation around one core, meaningful data point. By honing in one topic, you can facilitate good dialogue with your analysis, ask for their feedback and make an intentional decision about whether or not action should be taken and, if so, what kind and when.

Two things get in the way of HR-focus dialogue: the busy-ness of leaders and their reluctance to address the human element of data. A good data point connected to the business is worthy of at least 10 minutes discussion and action planning.

2) Encourage Leaders to Engage with Employees

On the busy point: Yes, we are all busy. Crazy busy. Yes, leaders are doing important work listening to and reading your reports and analysis. But what are they doing with that data?

They should be putting that data to good use. You can work with managers to develop a few good questions to ask their team in an effort to improve employee engagement. Instead of "How are you doing?" and "Anything you need?", try "What do you need to improve the performance of your team?" Push them to ask for a thoughtful answer, and then follow up with resources to help the team execute on that need.

HR can hold leaders' hands along the way, and after a few meaningful conversation with their employees, work with managers build a follow-up plan.

3) Discuss the Importance of Relationships

Relationships are how things get done, but we don't talk about it too much. Set the stage by telling your colleagues and peers how important their work is to you, and how much you want to work together.

When coaching leaders, ask about relationships: With whom are they most comfortable? Least comfortable? Help them determine the importance of the relationships that are in need of strengthening, and help them connect with those people.

Talent management teams have a chance to act as a bridge between the science and the art of business. You can show other company leaders how to achieve business progress by turning data into dialogue, and eventually into action. The more you can get folks working and conversing collaboratively, the more value you can add to the business.

Photo: Creative Commons

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

ホワイトペーパー

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

従業員個人への最適な学びを提供するデンソー、個別化されたキャリアデザインへを支援するみずほフィナンシャルグループ、豊富なコンテンツでのタレントマネジメントを社内展開するUDトラックスの事例と、各社が個別最適化された学びや個人のキャリアへの企業側のサポートについて議論した、パネルディスカッションの内容をレポートします。 *講演内容 ・ラーニングシステムで個人に最適な学びを実現 (株式会社デンソー) ・みずほらしくない人材を募集する理由明らかに (株式会社みずほフィナンシャルグループ) ・豊富なコンテンツを揃えタレントマネージメント実践 (UDトラックス株式会社) *パネルディスカッション ・自由なキャリア選択ができる時代に企業は人材育成投資をいかに考えるべきか? ・個別最適化された学びをいかに実現するのか? ・鍵となるのは50代のスキルアップ

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

ホワイトペーパー

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

企業が激しい競争を生き抜いていくためには、人財マネジメントの進化が必要だ!」 コーナーストーンオンデマンドの米本社最高技術責任者マーク・ゴールディンは 「イノベーションなくしては成功がない時代に、あなたはどう備えているのか?」と問いかける。 日本ではいまだに、「管理」するためのものというイメージが強い人事システムだが、管理する だけでなく、社内にどんな人財がいるのか、新たに必要な人財、スキルとはどんなものかを巴握し、外部からの採用、社員の再教育を行うことなどで、イノベーションが必要な 時代に対応した企業へと変わっていく必要がある。人財不足が叫ばれる中、企業が生き 残るために必要な進化した人財マネジメントとはどんなものなのかをご紹介しよう。

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

お客様事例

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

1969年の創業以来、Wendyʼsはファストフード業界のイノベーターとして30カ国以上、6,650店舗を展開しています。この内95パーセントをフランチャイズ店が占めています。創業者の「デイブ・トーマス(Dave Thomas)氏の価値観」は今日までWendy'sの日々の業務の中で大切にされています。 「当社が差別化を図る方法のひとつとして、品質へのコミットがあります。すべてのお客様に喜んでいただきたい、それがすべてです」と話すのは同社のチーフ・ピープル・オフィサーの(CPO)コーリー・オブライエン(Coley O'Brien)氏です。 「“品質ヘのコミット”を実現するため、社員がそれぞれの立場で成功し、当ブランドのビジョンを実現できるよう、組織開発やトレーニングを実施しています」。 これまでWendy'sでは、主に、紙ベースで学習を行ってきました。「業務マニュアルやDVDなどを使っていましたが、効率も悪く、思うほど効果も上がりませんでした。受講者やフランチャイズ店のニーズに合わせ、業績にもっと大きなインパクトのある学習戦略が必要だと認識していました」とオブライエン氏は言います。 コーナーストーンを選んだ理由とは? Wendy'sは新たな学習戦略を追求する中で、コーナーストーンオンデマンドを知りました。 「使いやすく、当社の他のテクノロジーと親和性の高いプラットフォームが必要でした。また当社独自のニーズを理解し、ベストなソリューションを一緒に見つけてくれるパートナーを求めていました。」オブライエン氏は続けます。「我々の業務を改善し、学習システムやプロセスを簡素化する取り組みの一環としてコーナーストーンラーニングとコーナーストーンコネクトを導入しました」 現在、Wendy'sでは対話式の最新トレーニングを25万人以上の社員と350のフランチャイズ店に提供しています。オブライエン氏は、「コーナーストーンラーニング上に、当社の店舗向けeラーニングプラットフォームWeLearnを構築しました。このシステムで、日々平均1万人がコースを修了しています」と話します。 また、コーナーストーンのプラットフォーム上にリーダシップ研修システムのWendy's Universityも構築しました。「Wendy's Universityでは店舗マネージャー、複数店舗経営者、現場でのサポート管理者向け、とオンラインで多様な学習ソリューションを提供しています」 修了率98パーセントを達成 Wendy'sは毎年25万人の社員に食品安全認定トレーニングを実施しています。これは連邦、州、地方行政からの実施義務数を上回るものです。 「コーナーストーンを導入してからはシームレスになり、修了率は年々改善しています。2017年1月から2月は98パーセントの修了率を達成しただけでなく、当社の食品安全認定トレーニングに関するヘルプデスクへの問い合わせがゼロになりました」とオブライエン氏は言います。 学習内容が業績につながる Wendy'sでは、コーナーストーンラーニング上に構築したWeLearn上で25種類の認定資格を提供しています。解析によると、平均13個以上の認定を持つ社員のいる店舗ではそうでない店舗より優れた業績を挙げています。 オブライエン氏は「これらの店舗では、顧客満足度スコア、売上、来店者数が高く、離職率が低い傾向にあります。当社は好業績につながるLMSを求めていました。コーナーストーンを活用し、年々それが実現できています」と話します。 業務能力とエンゲージメントの向上 WeLearnの業務シミュレーションでは、食品関連を扱う準備として、オンラインシミュレーションで訓練を受けることができます。 「新入社員は学習段階で失敗を体験しながら学ぶことができます。コーナーストーンを使うことで、実際のお客様や食品に接する前にオンラインシミュレーションでスキルを訓練することができます」 成長に向けて Wendy'sはグローバルに、そして米国内でも事業の拡大を目指しており、何千人もの新入社員に対するトレーニングが必要となります。 Wendy'sではコーナーストーンを活用することで、新入社員への急なトレーニングでもシームレスに提供できるようになりました。「当社には多くの成長機会があります。コーナーストーンが、その成長への一翼を担ってくれています。コーナーストーンの活用はうまくいっており、さらに事業拡大に役立てていきます」と、オブライエン氏は語ります。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項