ブログ投稿

Why Microlearning Is Becoming a Mainstream Strategy

Janine Milne

Guest Contributor

It's taken a while, but the corporate world has started to recognize the power of bite-sized, timely, highly specific training—known as microlearning.

These micro-lessons—usually packaged as a 3 or 4 minute video, podcast, infographic, game, whiteboard animation or quiz—give learners what they need to know in a quick and engaging way. It's no coincidence that many of these formats are highly visual; while we can process and understand images in blink of an eye, it actually takes twice as long to process words. In fact, 80 to 90 percent of the information our brains process is visual.

According to a 2017 report, 38 percent of talent development professionals already use microlearning—and another 41 percent plan to start within the next year. The reason for the growth is simple: It produces results.

Jogging the Memory

One of the key ways microlearning produces results is through its ability to tackle the most significant problems facing traditional training—most notably, the retention rate of information.

In 1895, Herman Ebbinghaus discovered that within 24 hours of learning something new, 67 percent of that learning will be forgotten. That's because too much information will cause what psychologists term "cognitive overload"—in other words, it will halt or slow down the transfer of information into long-term memory. Chopping up the information into tasty small morsels, tackling one or two key points, will lessen that cognitive load. Better yet, presented in different ways, it could even boost memory.

The Impact of Technology

While this information about memory and learning retention is old news, it's only now taking off to such an extent because digital technology makes it easy and accessible to create such "microlearning" content. People don't need to step away from the workplace to learn, they can learn during the day at a time and pace that suits them. They are in control.

Home décor firm, At Home, for example, uses microlearning to help with everything from onboarding to training in customer service and compliance. The company was able to train 2,500 staff members in four weeks instead of six months, and reduce onboarding time by 90 percent. Not only that, but it raised employee knowledge about critical safety topics by 14 percent. And since it takes just a few minutes a day, it is easy for workers to fit it in their everyday tasks.

Grab Their Attention

Making learning short is not enough to make microlearning a success; you still need engaging content that is more than simply a condensed version of an hour-long training course.

Combining gaming with microlearning is a great way of ensuring that people engage with the content. Medical device brand Philips Healthcare, for example, used gamified microlearning to teach sales training about a new sleep therapy platform. The company replaced their WebEx classroom training sessions with a sales performance platform, which has built-in competitive gaming. They soon saw engagement rates soar as high as 99 percent for their voluntary training—unprecedented engagement rates for the company.

The key to remember is this: Microlearning content may be short, but that doesn't make it simple. Find ways for employees to be actively engaged with the content—whether that's incorporating quizzes, gamifying the experience, or providing personalized suggestions—and you're guaranteed to get much better results than if they were passively reading a training guidebook or sitting in a classroom.

Photo: Twenty20

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

IDC MarketScape:統合型タレントマネジメントの世界的企業 2021年ベンダー評価

リサーチ

IDC MarketScape:統合型タレントマネジメントの世界的企業 2021年ベンダー評価

コーナーストーンが「リーダー」に選ばれた理由 従業員体験は、企業の生産性、離職率、顧客満足度など、ビジネスの多くの側面に影響を与えます。統合タレントマネジメントは、彼らが体験する日常活動すべてに対する満足度を向上させます。 だからこそ、私たちはコーナーストーンが2021年のIDC MarketScapeレポートにおいて、統合タレントマネジメントの分野でグローバルリーダーの一社に選ばれたことを知っていただきたいのです。 IDCの定義によると、タレントマネジメントが貢献することとして、従業員の興味を引き、彼らの人財育成を支援し、報奨につなげ、人財としての確保を実現していくことが挙げられています。それらの目的は、人財の募集、採用者への初期対応と指導、教育と能力開発、活動評価、報奨の管理、キャリアアップと後継者選択の計画など多岐にわたる作業をコンピテンシーの管理や評価をもとに推進することで達成されます。 このレポートでIDCがコーナーストーンを高く評価した理由は以下のとおりです。 Sabaの研究開発チームが統合され、研究開発チームがさらに強化、拡大された スキルの特定、管理を可能にする機能が業界随一である 人財教育と能力開発の分野における優れた実績と豊富な経験・知識 IDCのレポートをダウンロードしてください。統合タレントマネジメントのベンダー評価詳細に加え、コーナーストーンが業界トップに選出された理由を確認いただけます。 出典:『IDC MarketScape:Worldwide Integrated Talent Management 2021 Vendor Assessment(2021年統合タレントマネジメントグローバルベンダー評価)』、リサ・ローワン、2021年7月、IDC# US45943220 IDC MarketScapeは、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力を把握できるベンダー分析モデルです。調査方法として、定量的および定性的な評価基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフィックスによって図示されます。ケイパビリティスコアでは、ベンダーの製品、市場戦略、事業運営の短期的な評価を行い、戦略スコアでは、3~5年の期間にわたるベンダーの戦略が顧客のニーズに沿うものかどうかを評価します。ベンダーの市場シェアは、グラフ上の円の大きさで示されます。

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

データシート

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ ビジネスに貢献でき、成功するために必要なスキルは常に変化し続けています。そのような状況に対応するために、Cornerstone Content Anytimeは、現在最も必要とされてい るスキルを従業員に身につけさせることで、より優れたコミュニケーター、より力強いリーダー、より機能的なチームを構築することを目指しています。最新のコンテンツとそれぞれの学習者一人ひとりに合わせてパーソナライズされた学習体験により、パフォーマンスを向上させます。

コーナーストーン・パフォーマンス CSX

データシート

コーナーストーン・パフォーマンス CSX

個人のゴールをつないで組織全体の成果を出す 従業員全員が高いモチベーションを持って仕事に取り組んでいるといいのですがそれを確認するのは簡単なことではあり ません。従業員が自らの業務に目的を見出し、その目的を組織の目標と一致させる必要があります。コーナーストーン・パフォーマンス CSX では、人財の状況をハイブリッドワーク環境下でも 詳細に把握することで、組織の最優先課題を解決するための人財を迅速に特定し、動員することができます。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項