Addressing the global skills shortage

リサーチ

Addressing the global skills shortage

A vast divide The gap between the percentage of employers and employees that strongly agree and agree that they’re confident in their organization’s ability to develop employee’s skills is massive — 30%. ㅤ ㅤ

Cornerstone の活用方法について

人材の募集、育成、維持、管理を通じて業績を最大化するために Cornerstone を活用する方法をご覧ください。

Latest Stories

ライオン株式会社: 次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーを支える人材育成の強化

カスタマーストーリー

ライオン株式会社: 次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーを支える人材育成の強化

ライオンの「ライオン・キャリアビレッジ(LCV)」は、数々の賞も受賞した社内教育システムです。外部コンテンツの取り込み、モバイル対応といった柔軟性、タレントマネジメントへの拡張可能といった点が評価され、コーナーストーンオンデマンドジャパンが提供する学習管理プラットフォーム「コーナーストーン・ラーニング」を導入。社員が自主的に学ぶ環境を構築しました。導入から1 年経った2020 年、新型コロナウイルスが発生したことによって多くの従業員がリモートワークを余儀なくされました。その中、大きな力を発揮したのがLCV でした。新入社員研修をはじめ社員研修が多い時期に、プラットフォーム上で自宅からリモートで研修に参加することを可能にしたのです。 次世代のヘルスケアを支える次世代の人材開発 ライオンは洗剤やオーラルケア、ヘルスケア製品などを提供する、日本を代表するヘルスケア企業です。現在、2030 年に向け、「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」という経営ビジョンを掲げ、健康、快適、清潔・衛生を通して、一人ひとりの「心と身体のヘルスケア」の実現に貢献しようとしています。 「創業から130 年、これまでと同じことをするだけではお客様のお役に立てない時代です。例えば『歯を磨く』ことは、これまでは教えられて身につけるものでした。しかし自分で自然と歯を磨きたくなるような前向きな行動につながる生活習慣のリ・デザインが必要なのではないか?楽しく取り組める商品やサービスのご提供が次世代ヘルスケアカンパニーには必要だと考えているのです」(ライオン人材開発センター リーダー・小笠原俊史氏) 特に2020 年は、手洗いの重要性が改めてクローズアップされました。そういったヘルスケア習慣を生活者にいかに無理なく自然と身につけていただけるかを、ライオンでは取り組んでいるといいます。 「経営ビジョンを実現するためには、それぞれの部門が感度を高め、人、組織のダイナミズムを起こさなければなりません。それを実現する人材開発が必要になります」(小笠原氏) 自発的な学びを支える学習システム 従来、社内研修は会議室に招集されて参加する集合型が主流でした。それを社員自らが情報収集を行い学ぶことを習慣として定着させることを目指して、システムを導入することにしました。必要に応じて外部コンテンツを取り込める柔軟性、好きな時に受講できるモバイル利用が可能なこと、そして拡張性のあるシステムを探していった結果コーナーストーンオンデマンドの「コーナーストーン・ラーニング」を採用することになったのです。 そうして2019 年に誕生したのが「ライオン・キャリアビレッジ(LCV)」です。動画メニューから選ぶe- ラーニングとケーススタディーに基づく少人数討議の両方を管理しています。 「経営ビジョンを実現していくためには人材開発の点においても新たな仕組みが必要となります。その柱となるのが、いつでも、どこでも、自主的に学ぶことのできるLCV です」(小笠原氏) 4割が業務に活用、9割が役立つとコメント 開設から半年でログイン率は90% を超え、1 つ以上のコンテンツを修了した社員は56% に上りました。 さらに社員の認知度やログイン率を高める工夫として、新しいコンテンツを徐々に増やし、2019 年夏の時点で、自社コンテンツ数は100 強でしたが、2020 年秋には約400 まで増え、2000 以上の社外コンテンツも視聴できるようにしました。従業員アンケートを見ると、「新しく学んだ知識を仕事に活用した、または活用予定」が約40%、「現時点では活用の機会はないが将来活用できそう」が約50% と、約9 割は仕事の役に立ちそうだと考えています。 リモートワークで利用が3割増加 2020 年、これまでとは違う状況でLCV の必要性が増すことになりました。新型コロナウイルスの影響です。 「その対策として当社でも多くの社員がリモートワークとなりました」(小笠原氏) 実はLCV の存在を知られていても、全社員が積極的に活用するまでには浸透していませんでした。2020 年はその状況が一変しました。「リモートワークをせざるを得ない状況となり、パソコンでの仕事が当たり前になりました。そこで自宅で学習できるコーナーストーンの特性を生かしたLCV の利用が一気に増えたのです」(小笠原氏) これまで、リアルが主体だった集合研修も、一気にオンライン化が進みました。コロナ禍での緊急事態宣言と、新入社員の研修、キャリア研修などの時期が重なり、研修の際に積極的にLCV を利用するようになったのです。結果として4 ~ 5 月の利用は昨年の2 倍に増加しました。 人材開発センターでコンテンツ整備を担当する佐藤希生氏は、「例年行っていたセミナーが実施できなくなったことで、LCV を使う部所がどんどん増えました。それまで集合研修だったものが、一気にWeb 会議ツールを利用してオンライン化された年となりました。その中でオンライン化の利点に気付き、研修実施方法の選択肢が広がりました」と指摘します。 研修を実施する側、受講する側の両方がオンラインの利便性を実感したためです。「コロナ禍で毎年行っていた対面型研修ができなくなり、コーナーストーンを活用したLCV を手がけておいて本当に良かったと考えています」と小笠原氏は話します。 人材開発センターでLCV の統合管理などを担当する加藤正明氏は、「社内の誰もが予想していなかった緊急事態宣言下で、オンライン研修を『まずはやってみよう』と前向きな声が出たのです」と現場から率先してオンライン研修を利用しようとする声があがったといいます。 さらなる自主的な学びとタレントマネジメントへの発展が今後の課題 LCV に対し人材開発センターのスタッフは、「今後の課題はたくさんあると思っています」といいます。「ある部所では100%に近く利用、ところが別な部所ではまだ利用は少数と、部所ごとに大きな差があります。この差を埋めなければいけません」(小笠原氏)といいます。 小笠原氏は、「コーナーストーンのプラットフォームを活用すれば、様々な分析が行えることはわかっているのですが、十分活用できていません。利用が多いコンテンツ、利用が少ないコンテンツなどを集計、分析していくことで、コンテンツのリニューアルや見直すべき方向が明らかになると考えています。2021 年1 月、L C V も導入から丸2 年、研修実施側も、研修を受ける側も、利用者をさらに増やす仕掛けが必要になると思っています」と新年度に向けた意欲を明らかにしています。 「魅力あるコンテンツが揃い、誰にとっても使いやすい操作性を実現し、困ったことがあれば学びの振り返りができる体制を整えることで、自主的に学ぶ社員を増やしていきたいと考えています。スキルを獲得した人がどうビジネスに貢献し、どのような人が今後望まれるかといった分析で、人材育成をさらに加速させタレントマネジメントにつなげていきたいです」と今後を展望しています。 (取材日:2020年10月5日)

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

データシート

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ ビジネスに貢献でき、成功するために必要なスキルは常に変化し続けています。そのような状況に対応するために、Cornerstone Content Anytimeは、現在最も必要とされてい るスキルを従業員に身につけさせることで、より優れたコミュニケーター、より力強いリーダー、より機能的なチームを構築することを目指しています。最新のコンテンツとそれぞれの学習者一人ひとりに合わせてパーソナライズされた学習体験により、パフォーマンスを向上させます。

Spotlight on Eisai and Amplifon: Strengthening employees’ skills and competencies with effective L&D strategies

カスタマーストーリー

Spotlight on Eisai and Amplifon: Strengthening employees’ skills and competencies with effective L&D strategies

Learning and development strategies must continue to evolve in the ever-changing world of work. Training and development provide employees with a softer landing into change, and the introduction of digital learning and development platforms during the COVID-19 pandemic allowed employees a smoother transition into a new style of work. Both Eisai and Amplifon have been working with Cornerstone to create a learning and development strategy that is hyper-personalised and skills-focused, allowing their people and their entire organisations to become more agile and adaptable. How have Eisai’s and Amplifon’s attitudes toward learning and development changed? Historically, Eisai’s focus had been on mandatory training. The pandemic, however, shone light on how businesses need to be agile. Focusing solely on mandatory training did not grant Eisai the flexibility needed to survive and thrive in today’s environment. Eisai sought to encourage ownership of training and development, as well as improve trust between managers and employees during the transition to remote work. Using Cornerstone’s platform allowed for a more blended approach to learning, whereby face-to-face and digital materials were combined to take a more holistic approach to individual growth and development. At Amplifon, adopting Cornerstone allowed the firm to integrate its entire global workforce into one, open platform. The pandemic reinstated the importance of learning and development and prompted Amplifon to look toward what skills would be needed in the future and invest today in these key competencies that will matter tomorrow. A vital driver of this was employee experience. Leaders at Amplifon believe that this should be the same for everyone, no matter your position, geography or time zone. Amplifon invested not only in learning and development content but also in social tools to create communities and cohorts, to encourage an equal sense of belonging across the entire organisation. How were these digital learning and development strategies introduced, and were they successful? Eisai opted to allow employees to get familiar with the platform before rolling out more learning content. Cornerstone Anytime was then incorporated, with the multiple language packs making the variety of content available accessible to all. The more variety in learning content, the more uptake that was seen, with a 75% course completion rate highlighting the success of the platform. Amplifon also designed a creative teaser campaign to precede the introduction of Cornerstone. Apps that are commonly used, such as Spotify and Google Maps, were cleverly compared to the functionalities of Cornerstone (i.e. personalised and easy to navigate). When the platform was introduced during the height of the pandemic, the separate national lockdowns saw an enormous uptake in course completion. Employees were taking ownership of their development in their own time. What does the future hold for learning and development at Eisai and Amplifon? Amplifon aims to create a comprehensive experience through one common global platform that integrates into the work-life of employees, stimulating learning opportunities and powering self-driven growth. The company’s primary objective is to make its work population future-ready. Eisai echoes the above, whilst also looking to further embed development plans, encourage feedback and comments for continuous improvement and use the skills functionality to highlight learners’ strengths and direct their improvement. Although Amplifon and Eisai are at different stages in their Cornerstone journeys, their successful campaigns to promote a learning culture using a personalised people development programme is testament to the sizable payback from investing in people.

Trends at Work

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

ホワイトペーパー

電子書籍

リサーチ

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

「かつてない事態」 「働き方の新時代」 「大変革」 こうした言葉を耳にされることも多いと思います。まさにその通りの状況があちこちで起きています。新型コロナをはじめ、世界各地で発生したさまざまなできごとが引き金となり、私たちの働き方、働く場所、そして従業員が仕事に求めるものを大きく変えました。 見方によっては、これは良い機会だったのかもしれません。なぜなら、もとより働き方の変革は必要なことだったからです。 今までにない大きな変化を乗り越えた私たちは、第五次産業革命に向かって進もうとしています。 職場への復帰も始まる中、組織にとっては、今がすべての従業員の役に立つ戦略的人財管理システムを構築する絶好の機会です。 そして、働き方の未来はまさに、人事部と人財育成担当者の手の中にあると言えます。 人財管理の役割にいる人は、他のビジネスリーダーが持っていない大事なカギを手にしています。それは、将来に向けて、仕事の環境を創造し直す役割です。変革の立役者として、皆さんは、従業員がよりつながり、協業が強化される、未来へ向かう人財を育成する機会に恵まれたのです。 そして未来は、働き方を創造し直すのに必要な勇気と心構えを持つ組織の手にあります。未来を迎えるには、変化への対応力や、強い目的意識の共有、協業の推進が必要です。従業員が連帯を感じ、そこに価値を見いだし、自然に全体の成長と成功を志向していく環境を提供しなければなりません。​ 私たちの働き方を創造し直し、未来の可能性を追求するような機会は、もう二度とないかもしれません。逃さないようにしましょう。 これから進むべき道探る手助けとして、The Josh Bersin CompanyやThe Fosway Groupなどの有力企業の世界的な人財育成の実践者や先進的なリーダーから、誰もが活用できる新しい戦略的人財管理システムを創り出す方法についての意見を求めました。 それらの意見は、皆さんの組織でのアプローチについて、新しい視点を提供してくれるかもしれません。 実績のある戦略、解析からの発見、実用的な例があふれるこのガイドブックは、未来に備えるために必要なインサイトとインスピレーションを提供してくれるでしょう。 そこで示されるやるべき事とは、以下のとおりです: 学習を人財とビジネスの成長の基盤とする スキルを新しい成長の指標とする スキル開発をキャリアパスにつなげる 作業には人工知能(AI)を活用する 今すぐガイドブックをダウンロードして、働き方改革を進め、従業員の適応力を高め、成長と成功を助ける方法を見つけましょう!

スキルインテリジェンスのビジネスへの活用例

リサーチ

スキルインテリジェンスのビジネスへの活用例

Institute for the Futureの調査によると、2030年に人々が就労している仕事の85%は、今まだ存在していないものだそうです。これからの社会では、変化への適応力、方向転換をいとわない柔軟性、課題へのチャレンジ精神がより重要視されます。 しかし、企業が社員のスキルセットを細かく把握していなければ、社員の強みがどこにあるのか、隠れた能力を引き出すにはどうすればいいのかなど、知ることはできません。 織の成長や成功をもたらすのに必要不可欠な要素として、スキルを重視する昨今、スキルインテリジェンスは、人財の管理、育成、活用を強化し、変化するニーズに柔軟に対応する組織の基盤を造るものとして期待されています。AIは、迅速に、自信を持ってビジネスにおける重大な決定を下す際の助けになります。では、その助けを得る具体的な活用方法とは何でしょう。 人事管理のゲームチェンジャーとなる人工知能(AI) AIは、人事の分野にも規模の価値を取り入れ、人々の行動パターンを理解し、個人の必要に応じてタイムリーにサポートを提供できる能力を備えています。今後どのような変化が訪れようとも、AIがあれば、人事担当や経営者はビジネスニーズに合わせて、より効果的に社員のスキルアップやリスキルを行うことができます。 機械学習と人工知能を適切に組み合わせて活用すれば、スキルの把握だけでなく、これまでにない行動指向型の人財管理に取り組むことが可能になるでしょう。 ライトハウス・リサーチ&アドバイザリーがまとめたこのレポートは、1,000社以上の雇用主と何千人もの労働者を対象にした調査をもとに、以下を解説します。 スキルインテリジェンスのコンセプト テクノロジーの中核となる人工知能 スキルインテリジェンスの活用例や応用 今すぐレポートをダウンロードしてください。AIとスキルインテリジェンスの活用で、自社のビジネスをより深く理解し、正確な予測をもって、刻々と変化する市場に対応していきましょう。

The Business Case for Skill Intelligence

リサーチ

The Business Case for Skill Intelligence

Research from the Institute for the Future reveals that a staggering 85 percent of the jobs that will exist in 2030 haven’t even been invented yet. Now more than ever, employees need to be adaptable, able to pivot, and ready to take on any challenge. Without deep insights into employee skill sets, where employees’ strengths lie, or how to tap into their hidden talents, however, none of that is possible. Skills have become the universal language for growth and success for every organisation. And skill intelligence allows businesses to better understand, develop, and provision talent to dynamically meet the needs of the organisation. It even allows us to make business-critical decisions more quickly and with greater confidence. But how exactly do you get those insights? Artificial intelligence (AI) for HR is game-changing AI has the power to increase HR scalability, recognise patterns in people’s behavior, and offer personalised support where and when needed. Using AI, HR and business leaders can more effectively upskill and reskill employees to meet shifting business needs and objectives — whatever demands the future may bring. With the right application of machine learning and artificial intelligence technologies, employers can go beyond tracking skills to enable action-oriented talent practices like never before. In this Lighthouse Research & Advisory report — based on a study of more than 1,000 employers and thousands of workers — you’ll learn: the concept of skill intelligence how AI forms the core of these initiatives the use cases and applications of skill intelligence Download the report now to learn how AI and skill intelligence can help your organisation uncover better insights about the business, make predictions, and effectively respond to dynamic market changes.

Skills Building

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

ホワイトペーパー

電子書籍

リサーチ

未来に備えて進む:働き方の新しい世界を創る人のガイドブック

「かつてない事態」 「働き方の新時代」 「大変革」 こうした言葉を耳にされることも多いと思います。まさにその通りの状況があちこちで起きています。新型コロナをはじめ、世界各地で発生したさまざまなできごとが引き金となり、私たちの働き方、働く場所、そして従業員が仕事に求めるものを大きく変えました。 見方によっては、これは良い機会だったのかもしれません。なぜなら、もとより働き方の変革は必要なことだったからです。 今までにない大きな変化を乗り越えた私たちは、第五次産業革命に向かって進もうとしています。 職場への復帰も始まる中、組織にとっては、今がすべての従業員の役に立つ戦略的人財管理システムを構築する絶好の機会です。 そして、働き方の未来はまさに、人事部と人財育成担当者の手の中にあると言えます。 人財管理の役割にいる人は、他のビジネスリーダーが持っていない大事なカギを手にしています。それは、将来に向けて、仕事の環境を創造し直す役割です。変革の立役者として、皆さんは、従業員がよりつながり、協業が強化される、未来へ向かう人財を育成する機会に恵まれたのです。 そして未来は、働き方を創造し直すのに必要な勇気と心構えを持つ組織の手にあります。未来を迎えるには、変化への対応力や、強い目的意識の共有、協業の推進が必要です。従業員が連帯を感じ、そこに価値を見いだし、自然に全体の成長と成功を志向していく環境を提供しなければなりません。​ 私たちの働き方を創造し直し、未来の可能性を追求するような機会は、もう二度とないかもしれません。逃さないようにしましょう。 これから進むべき道探る手助けとして、The Josh Bersin CompanyやThe Fosway Groupなどの有力企業の世界的な人財育成の実践者や先進的なリーダーから、誰もが活用できる新しい戦略的人財管理システムを創り出す方法についての意見を求めました。 それらの意見は、皆さんの組織でのアプローチについて、新しい視点を提供してくれるかもしれません。 実績のある戦略、解析からの発見、実用的な例があふれるこのガイドブックは、未来に備えるために必要なインサイトとインスピレーションを提供してくれるでしょう。 そこで示されるやるべき事とは、以下のとおりです: 学習を人財とビジネスの成長の基盤とする スキルを新しい成長の指標とする スキル開発をキャリアパスにつなげる 作業には人工知能(AI)を活用する 今すぐガイドブックをダウンロードして、働き方改革を進め、従業員の適応力を高め、成長と成功を助ける方法を見つけましょう!

The Business Case for Skill Intelligence

リサーチ

The Business Case for Skill Intelligence

Research from the Institute for the Future reveals that a staggering 85 percent of the jobs that will exist in 2030 haven’t even been invented yet. Now more than ever, employees need to be adaptable, able to pivot, and ready to take on any challenge. Without deep insights into employee skill sets, where employees’ strengths lie, or how to tap into their hidden talents, however, none of that is possible. Skills have become the universal language for growth and success for every organisation. And skill intelligence allows businesses to better understand, develop, and provision talent to dynamically meet the needs of the organisation. It even allows us to make business-critical decisions more quickly and with greater confidence. But how exactly do you get those insights? Artificial intelligence (AI) for HR is game-changing AI has the power to increase HR scalability, recognise patterns in people’s behavior, and offer personalised support where and when needed. Using AI, HR and business leaders can more effectively upskill and reskill employees to meet shifting business needs and objectives — whatever demands the future may bring. With the right application of machine learning and artificial intelligence technologies, employers can go beyond tracking skills to enable action-oriented talent practices like never before. In this Lighthouse Research & Advisory report — based on a study of more than 1,000 employers and thousands of workers — you’ll learn: the concept of skill intelligence how AI forms the core of these initiatives the use cases and applications of skill intelligence Download the report now to learn how AI and skill intelligence can help your organisation uncover better insights about the business, make predictions, and effectively respond to dynamic market changes.

コーナーストーンラーニングスイート

データシート

コーナーストーンラーニングスイート

確実な管理機能とパーソナライズした魅力的な学習体験 人々の働き方や学び方は急激に変化しています。今や誰もがいつでも、どこからでも必要な情報に アクセスできることを求めています。一方、企業の学習システムはほとんどが従来からの一方的な お仕着せ型のままです。今の従業員は、何を、いつ、どのように、何のために学習するのか、自分 でコントロールしたいと考えているのです。コーナーストーンは、成長に応じた継続的な学習環境 を整え、企業の人材戦略に沿って包括的なソリューションをクラウドで提供し、投資対効果(ROI)を 高めます。

Talent Strategy

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

データシート

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ ビジネスに貢献でき、成功するために必要なスキルは常に変化し続けています。そのような状況に対応するために、Cornerstone Content Anytimeは、現在最も必要とされてい るスキルを従業員に身につけさせることで、より優れたコミュニケーター、より力強いリーダー、より機能的なチームを構築することを目指しています。最新のコンテンツとそれぞれの学習者一人ひとりに合わせてパーソナライズされた学習体験により、パフォーマンスを向上させます。

Spotlight on Eisai and Amplifon: Strengthening employees’ skills and competencies with effective L&D strategies

カスタマーストーリー

Spotlight on Eisai and Amplifon: Strengthening employees’ skills and competencies with effective L&D strategies

Learning and development strategies must continue to evolve in the ever-changing world of work. Training and development provide employees with a softer landing into change, and the introduction of digital learning and development platforms during the COVID-19 pandemic allowed employees a smoother transition into a new style of work. Both Eisai and Amplifon have been working with Cornerstone to create a learning and development strategy that is hyper-personalised and skills-focused, allowing their people and their entire organisations to become more agile and adaptable. How have Eisai’s and Amplifon’s attitudes toward learning and development changed? Historically, Eisai’s focus had been on mandatory training. The pandemic, however, shone light on how businesses need to be agile. Focusing solely on mandatory training did not grant Eisai the flexibility needed to survive and thrive in today’s environment. Eisai sought to encourage ownership of training and development, as well as improve trust between managers and employees during the transition to remote work. Using Cornerstone’s platform allowed for a more blended approach to learning, whereby face-to-face and digital materials were combined to take a more holistic approach to individual growth and development. At Amplifon, adopting Cornerstone allowed the firm to integrate its entire global workforce into one, open platform. The pandemic reinstated the importance of learning and development and prompted Amplifon to look toward what skills would be needed in the future and invest today in these key competencies that will matter tomorrow. A vital driver of this was employee experience. Leaders at Amplifon believe that this should be the same for everyone, no matter your position, geography or time zone. Amplifon invested not only in learning and development content but also in social tools to create communities and cohorts, to encourage an equal sense of belonging across the entire organisation. How were these digital learning and development strategies introduced, and were they successful? Eisai opted to allow employees to get familiar with the platform before rolling out more learning content. Cornerstone Anytime was then incorporated, with the multiple language packs making the variety of content available accessible to all. The more variety in learning content, the more uptake that was seen, with a 75% course completion rate highlighting the success of the platform. Amplifon also designed a creative teaser campaign to precede the introduction of Cornerstone. Apps that are commonly used, such as Spotify and Google Maps, were cleverly compared to the functionalities of Cornerstone (i.e. personalised and easy to navigate). When the platform was introduced during the height of the pandemic, the separate national lockdowns saw an enormous uptake in course completion. Employees were taking ownership of their development in their own time. What does the future hold for learning and development at Eisai and Amplifon? Amplifon aims to create a comprehensive experience through one common global platform that integrates into the work-life of employees, stimulating learning opportunities and powering self-driven growth. The company’s primary objective is to make its work population future-ready. Eisai echoes the above, whilst also looking to further embed development plans, encourage feedback and comments for continuous improvement and use the skills functionality to highlight learners’ strengths and direct their improvement. Although Amplifon and Eisai are at different stages in their Cornerstone journeys, their successful campaigns to promote a learning culture using a personalised people development programme is testament to the sizable payback from investing in people.

IDC MarketScape:人材育成ソリューションを提供する統合型タレントマネジメント 2021年グローバルベンダー評価

リサーチ

IDC MarketScape:人材育成ソリューションを提供する統合型タレントマネジメント 2021年グローバルベンダー評価

コーナーストーンが「リーダー」に選ばれる理由 IDC発行の新レポートにて、アナリストのリサ・ローワンは次のように説明しています。「新たな課題に対応できる力と、新たなテクノロジーを使いこなせる力を備えた人材を育成するためには、適切な教育機会の提供が必須となります。未来に向けて仕事の在り方が刻々と変化する現代においては、優れたテクノロジーを導入し、適切なタイミングで適切なコンテンツにアクセスできる環境を整えることが不可欠となっています」。 こうした中、2021年のIDC MarketScapeレポートにおいて、優れた人材育成ソリューションを提供する統合型タレントマネジメントのグローバル企業として、コーナーストーンが「リーダー」に選ばれたことは、非常に意義あることです。 このIDCレポートでは、エンドツーエンドの統合型タレントマネジメント分野において、人材育成&スキル開発のソリューションやサービスを提供する企業の評価を行っています。 IDC MarketScapeレポートでは、次のような要素を網羅しています。 従業員のスキルアップや能力の底上げにより、イノベーションを生む人材育成と組織づくりがいかに可能か 人材育成戦略への投資の指針となる、市場動向や近況における開発の動き IDCがタレントマネジメント分野のトップ企業として、コーナーストーンの統合型人材育成ソリューションを評価する理由 レポートをダウンロードし、IDCのベンダー評価の詳細、バイヤーが注目すべき重要ポイント、コーナーストーンと他の人材育成ソリューションとの比較分析をご確認ください。 出典:『IDC MarketScape:人材育成ソリューションを提供する統合型タレントマネジメントのグローバル企業 2021年ベンダー評価』、リサ・ローワン、2021年7月、IDC# US45943420 IDC MarketScapeは、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力レベルを把握できるベンダー分析モデルです。調査方法として、定量的および定性的な評価基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフィックスによって図示されます。ケイパビリティスコアでは、ベンダーの製品、市場戦略、事業運営の短期的な評価を行い、戦略スコアでは、ベンダーの戦略が顧客のニーズに沿ったものかどうかを、3~5年のスパンで評価します。ベンダーの市場シェアは円の大きさで表示されます。

© Cornerstone 2022
法的事項