ダイバーシティ (Diversity)、エクイティ(Equity)、インクルージョン(Inclusion)、帰属意識(Belonging) (DEIB)

コーナーストーンは、多様なバックグラウンドを持つ人々が大胆なアイデアを共有し、自分の貢献が評価されていると感じ、自分のポテンシャルをフルに発揮できるようなインクルーシブな文化を創出しています。

コーナーストーンの経営陣はコーナースター(コーナーストーン従業員)に寄りそいます

Phil Saunders

DEIB は、ここ Cornerstone で単に重要なイニシアティブであるだけでなく、弊社が象徴するものにとって不可欠です。弊社は、私たちの本当の姿、そして私たちが生きる世界をよりよく反映するようになっています。弊社は、自社のメリットを反映して、立場と行動を強化しました。全員が帰属し、話を聞いてもらえるように。DEIB は、私個人にとっても非常に重要なものです。私は社員が共通の目的意識と完全な帰属意識を感じられる環境を育成することに情熱を注いでるからです。弊社が行っていることは多数ありますし、将来的にも多数のことが待っています。行きましょう...

Phil Saunders

最高経営責任者

コーナースター(コーナーストーン従業員)が仕事中でもプライベートでも自分のベストを引き出す方法をご覧ください

コーナーストーンでは常に学習し、特にダイバーシティに関するテーマについてより良い社員、同僚へと成長するために対話を行っています。是非、対話に参加してください。

コーナーストーンの信念

常に学び続ける

コーナーストーンは、無意識の偏見を認識し、帰属意識を育成し、率直に話をして変化を引き起こすことができるよう、チームをトレーニングします。

コーナーストーンには、社会に還元する義務があります

コーナーストーンは、Cornerstone 財団を通じて教育へのアクセスを提供し、機会を創出するためにシステム上の障害を取り除きます。

成功を称え、過ちを認める

報酬の偏りをなくすための積極的な取り組みを確認するために、年に2回、完全なペイ・エクイティ分析を実施しています。

コーナースターは相互から学習する

コーナーストーンでは四半期ごとにコーナースターが自己啓発する機会を 1 日設けています。社内では「自己啓発日(Development Day)」と呼ばれています。数々のセッションでは コーナースター が任意のトピックを選んで講師となります。「昆布茶の作り方」から「ブロックチェーンを理解する」まで、テーマに制限はありません。

コーナースターは社会へ還元する

コーナースターは社会へ還元する

コーナースターはコミュニティに還元し、情熱と仕事を融合する新しい方法を実験、考案することが奨励されます。中でも画期的なプログラムとして、Cornerstone Cares、 Disasterready.org、Non-profitready.org、Workforceready.org が挙げられます。

コーナースターは共に達成する

コーナースターは共に達成する

すべての コーナースター は コーナースターリソースグループ (CRG) を作成できます。CRG は DEIB の実践活動におけるギャップを特定する支援をし、事業部と連携して包括的な解決策を考案します。CRG には正式な予算が割り当てられ、DEIB の啓発者として、実質的な変化に関与することができます。

コーナースター リソースグループの主な例示

ウーマン@コーナーストーン

Black Employee Alliance

Cornerstone Plus

障害者の可視化

働く親

ヒスパニック/LatinX Unidos

コーナーストーンの約束

コーナーストーンの統計データによると、ダイバーシティに関してここ数年大幅な改善が見られ、同業者の多くに先行しています。ただ、喜ぶには時期尚早であり、まだ、理想あるいは希望の水準に達していないと自覚しています。改善の余地があることはわかっており、今後改善していきます。コーナーストーンはミッションどおり、学ぶ姿勢を常に貫き、「決して歩みを止めない」とすべての コーナースターに約束します。

36%

2019 年における全世界での女性採用数。

23%

2019 年における米国での少数派に属する専門スタッフの採用数。

32%

2019 年における管理職に昇進した女性の増加幅。