ブログ投稿

4 Reasons Why Your Candidate Experience Is FCDD-Up—and How to Fix It

Ira S. Wolfe

President, Success Performance Solutions

Why are we still talking about candidate experience as we head into 2020? Because it’s still broken! Despite all the recruitment and media attention focused on the jobseeker these days, the state of the candidate experience in many organizations can be summed up by four letters: FCDD.

FCDD is a four-letter mnemonic created by CX and UX strategist Debbie Levitt to represent what she calls the Four Horsemen of Bad CX: frustration, confusion, disappointment and distraction. These four horsemen represent candidate exasperation: four emotions that candidates emit when they attempt to interact with your company website and application. These four horsemen almost single-handedly crush the engagement of up to 9 out of 10 candidates who want to work for you, but quit before applying.

Before offering common examples of the Four Horsemen of Bad CX™, let me define candidate experience. Too often companies believe that the candidate experience (CX) journey starts after a candidate applies for a role at your company. But it actually begins long before that and includes every interaction, passive or active, between you and the candidate.

Often ignored but critical touch points include your career site’s mobile-friendliness, page speed, responsiveness, the colors you use, your navigation, the feel and mood of your brand, your applicant workflow, buttons, menus, errors, voice commands, and even employee and customer reviews. It encompasses your job listings, your applicant tracking system and job application, your response to candidates, and the speed of that response. It also includes the interview, the preparation of your hiring managers and on-boarding. Each of these touchpoints are vulnerable to the Four Horsemen of Bad CX and therefore present an opportunity to beat your competition—or risk disengaging candidates.

Fortunately, many of the fixes for bad CX are low-hanging fruit, requiring little or no budget and minimal expertise or resources. Here are some of the most blatant examples of bad CX I’ve seen over the past year—and how to fix them.

1) Frustration:

Imagine that a candidate Googling your company is met with the following message: "Your connection to this site is not secure." What are the chances he or she would proceed to apply for a job? Likely, very small. And yet one out of five of the world’s top 100,000 websites still aren’t using secure encryption or HTTPS, which prevents that connection warning from appearing.

An even more common cause of frustration is the length of the application. Application rates drop by 365% if it takes more than 15 minutes to complete. What’s more, applications with more than 20 questions lose 40% of applicants. More than 45 questions? A whopping 88.7% of applicants are gone.

Another pet peeve for candidates is the failure of many sites to save the application information they provided if they are interrupted and need to finish it later.

Solution: Make sure your career pages, job listings and application meet the minimal encryption standard (SSL). Create a short and simple screening application. Then, if the applicant is qualified, invite to complete your longer application. Provide progress bars and "save for later" functions so that candidates can take breaks during the process and return right where they left off.

2) Confusion:

In a review of 100 random company websites, I discovered that only 13 had a clear pathway from the home page to their career site. Because over 61% of job seekers visit your website before applying to a job at your company, it’s critical that you make it easy and convenient to jump from the home page to the career site. On most sites a "careers" link was buried at the bottom of a long page in the footer. Others included it in a drop-down menu under "About Us" and "Resources." Finding a career shouldn’t be a game of Where’s Waldo.

In addition to having trouble finding the careers page, many applicants suffer from bad UX and technological difficulties during the application process. More than half of respondents to a recent study said they have encountered a technical issue, error or have been unable to complete the search and application process, which ultimately led them to abandon the application.

Solution: If you’re having trouble hiring qualified workers, stop playing hide-and-seek with your career site. At minimum, "careers" or "jobs" should have its own button on the navigation. Add it to your header, especially if you have a rotating carousel of images. And make sure all your career pages, links, registration forms and apps work.

3) Disappointment:

One of the biggest jobseeker pet peeves is the "HR black hole." 52% of candidates were still waiting for a response three months after applying, while 63% of job seekers say they are dissatisfied with the communication from most potential employers. As a result, nearly 7 out of 10 candidates would rarely or never reapply to a company that doesn’t communicate well, and 69% of them would discuss the poor candidate experience with a friend of colleague, which may deter others from applying to roles at your company as well.

UX and web/mobile design can also impact the candidate experience. 70% of job seekers use a mobile device to search and apply for a job, but fewer than 40% of career sites and applications are mobile ready. If your site isn’t optimized for mobile, you’re missing out on promising candidates.

Solution: Responding to candidates is easy. With chatbots, text messaging and auto-responders, there is no longer an excuse for delayed responses or failure to keep candidates informed about their application or interview status. Companies need to enter the 21st century and make their career pages and applications mobile-friendly. This has become increasingly important, especially since Google instituted the mobile-first update in 2018, which now indexes mobile sites and in some cases, grants them preference in search results.

4) Distraction:

A career page is your home base for all things talent acquisition. Once a candidate lands on this page, don’t distract them with widgets and banners to sign up for sales, newsletters and non-job relevant activities. Keep the candidate focused on learning about the job opportunity.

For anyone who has followed me, they know I’m a huge proponent of using video and images to attract candidates. But these items can easily slow down your page speed, especially on mobile devices. Now that Google plans to add the "badge of shame" to pages that take too long to load, it’s more important than ever to keep your career pages, job listings and applications fast and responsive.

Solution: Engage candidates, but don’t over-entertain them. The goal is to advance him or her from visitor to applicant. Keep your job listings tight and focused on what’s relevant. Avoid long applications with non-relevant or redundant questions which can be distractions, too. Use video and images but compress them or host them on sites like Vimeo and YouTube.

Making these small changes could do wonders for your candidate experience in 2020—and they’re not hard to implement. Start with the easiest tweaks first and make it your New Year’s Resolution to resolve the bigger issues as soon as possible.

Header photo: Creative Commons

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

ホワイトペーパー

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

従業員個人への最適な学びを提供するデンソー、個別化されたキャリアデザインへを支援するみずほフィナンシャルグループ、豊富なコンテンツでのタレントマネジメントを社内展開するUDトラックスの事例と、各社が個別最適化された学びや個人のキャリアへの企業側のサポートについて議論した、パネルディスカッションの内容をレポートします。 *講演内容 ・ラーニングシステムで個人に最適な学びを実現 (株式会社デンソー) ・みずほらしくない人材を募集する理由明らかに (株式会社みずほフィナンシャルグループ) ・豊富なコンテンツを揃えタレントマネージメント実践 (UDトラックス株式会社) *パネルディスカッション ・自由なキャリア選択ができる時代に企業は人材育成投資をいかに考えるべきか? ・個別最適化された学びをいかに実現するのか? ・鍵となるのは50代のスキルアップ

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

ホワイトペーパー

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

企業が激しい競争を生き抜いていくためには、人財マネジメントの進化が必要だ!」 コーナーストーンオンデマンドの米本社最高技術責任者マーク・ゴールディンは 「イノベーションなくしては成功がない時代に、あなたはどう備えているのか?」と問いかける。 日本ではいまだに、「管理」するためのものというイメージが強い人事システムだが、管理する だけでなく、社内にどんな人財がいるのか、新たに必要な人財、スキルとはどんなものかを巴握し、外部からの採用、社員の再教育を行うことなどで、イノベーションが必要な 時代に対応した企業へと変わっていく必要がある。人財不足が叫ばれる中、企業が生き 残るために必要な進化した人財マネジメントとはどんなものなのかをご紹介しよう。

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

お客様事例

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

1969年の創業以来、Wendyʼsはファストフード業界のイノベーターとして30カ国以上、6,650店舗を展開しています。この内95パーセントをフランチャイズ店が占めています。創業者の「デイブ・トーマス(Dave Thomas)氏の価値観」は今日までWendy'sの日々の業務の中で大切にされています。 「当社が差別化を図る方法のひとつとして、品質へのコミットがあります。すべてのお客様に喜んでいただきたい、それがすべてです」と話すのは同社のチーフ・ピープル・オフィサーの(CPO)コーリー・オブライエン(Coley O'Brien)氏です。 「“品質ヘのコミット”を実現するため、社員がそれぞれの立場で成功し、当ブランドのビジョンを実現できるよう、組織開発やトレーニングを実施しています」。 これまでWendy'sでは、主に、紙ベースで学習を行ってきました。「業務マニュアルやDVDなどを使っていましたが、効率も悪く、思うほど効果も上がりませんでした。受講者やフランチャイズ店のニーズに合わせ、業績にもっと大きなインパクトのある学習戦略が必要だと認識していました」とオブライエン氏は言います。 コーナーストーンを選んだ理由とは? Wendy'sは新たな学習戦略を追求する中で、コーナーストーンオンデマンドを知りました。 「使いやすく、当社の他のテクノロジーと親和性の高いプラットフォームが必要でした。また当社独自のニーズを理解し、ベストなソリューションを一緒に見つけてくれるパートナーを求めていました。」オブライエン氏は続けます。「我々の業務を改善し、学習システムやプロセスを簡素化する取り組みの一環としてコーナーストーンラーニングとコーナーストーンコネクトを導入しました」 現在、Wendy'sでは対話式の最新トレーニングを25万人以上の社員と350のフランチャイズ店に提供しています。オブライエン氏は、「コーナーストーンラーニング上に、当社の店舗向けeラーニングプラットフォームWeLearnを構築しました。このシステムで、日々平均1万人がコースを修了しています」と話します。 また、コーナーストーンのプラットフォーム上にリーダシップ研修システムのWendy's Universityも構築しました。「Wendy's Universityでは店舗マネージャー、複数店舗経営者、現場でのサポート管理者向け、とオンラインで多様な学習ソリューションを提供しています」 修了率98パーセントを達成 Wendy'sは毎年25万人の社員に食品安全認定トレーニングを実施しています。これは連邦、州、地方行政からの実施義務数を上回るものです。 「コーナーストーンを導入してからはシームレスになり、修了率は年々改善しています。2017年1月から2月は98パーセントの修了率を達成しただけでなく、当社の食品安全認定トレーニングに関するヘルプデスクへの問い合わせがゼロになりました」とオブライエン氏は言います。 学習内容が業績につながる Wendy'sでは、コーナーストーンラーニング上に構築したWeLearn上で25種類の認定資格を提供しています。解析によると、平均13個以上の認定を持つ社員のいる店舗ではそうでない店舗より優れた業績を挙げています。 オブライエン氏は「これらの店舗では、顧客満足度スコア、売上、来店者数が高く、離職率が低い傾向にあります。当社は好業績につながるLMSを求めていました。コーナーストーンを活用し、年々それが実現できています」と話します。 業務能力とエンゲージメントの向上 WeLearnの業務シミュレーションでは、食品関連を扱う準備として、オンラインシミュレーションで訓練を受けることができます。 「新入社員は学習段階で失敗を体験しながら学ぶことができます。コーナーストーンを使うことで、実際のお客様や食品に接する前にオンラインシミュレーションでスキルを訓練することができます」 成長に向けて Wendy'sはグローバルに、そして米国内でも事業の拡大を目指しており、何千人もの新入社員に対するトレーニングが必要となります。 Wendy'sではコーナーストーンを活用することで、新入社員への急なトレーニングでもシームレスに提供できるようになりました。「当社には多くの成長機会があります。コーナーストーンが、その成長への一翼を担ってくれています。コーナーストーンの活用はうまくいっており、さらに事業拡大に役立てていきます」と、オブライエン氏は語ります。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項