ブログ投稿

4 Tips to Creating a Learning Culture in Healthcare - And Not Be the 'Michael Scott' of Your Team

Steve Dobberowsky

Director, Strategy and Value Service, Cornerstone

Costs of recruiting solutions for top medical industry talent are rising dramatically for healthcare organizations, and it may be too much to bear: the average cost of a new hire in healthcare is $5,611, and overall acquisition costs for healthcare rose 16 percent.[1]

So with external recruiting becoming more cost-un­friendly by the day, how can administrators ensure their workforce has the right capabilities to provide top notch patient care? They can invest in learning opportunities for their team!

The Truth Behind Training

Managers may counter by highlighting what they already offer: We do lots of instructor-led classroom training! We take our cues from Michael Scott from "The Office." Plus we have books in the staff break room!

Those are nice to have, but they don’t connect with today’s learners. Listening to yet another outside consultant delivers all the ’wow’ factor of an 8:00am high school class in Ferris Bueller’s Day Off. And if you want your team to spend their free time reading, then you’d better also provide the beach, good weather, and a blended pink drink with matching umbrella.

So how can health and safety training experts provide an innovative learning environment that is impactful and innovative? It’s simple – make learning personalized to the needs of your team! Today’s workers are more unique and different than prior generations, but with the widespread availability of next-gen performance management technologies, you can address their training needs more easily than ever.

Tips for an Impactful Learning Culture That Resonates With Your Workforce

  1. Provide content they can use. Modern learners want training modules that are media-rich, interactive, and social-enabled. Mix videos with text to address the various learning styles your staff prefers. Allow learners to rate, share, and discuss content – this drives engagement and participation, while also helping admins identify which employees have leadership skills.Employees should be able to access (or be assigned) modules that address skill gaps, add to their competencies, or even prep them for future roles.
  2. Make training accessible 24/7. Ever notice how people are glued to their phones? Don’t fight that! Instead, blend your team’s tech savviness with your learning initiatives. Provide employee training software that is available 24/7, and also mobile device-friendly; this enables workers to develop their skills when it’s most convenient for them. Limiting your growth initiatives to classroom learning or scheduled, formal opportunities slows the rate at which employees can develop their competencies. On the admin side, those ’traditional’ methods aren’t always budget-friendly, and integrating learning technologies into your training culture is a low cost solution.
  3. Foster a culture of collaborative learning. Learning is more effective, and retention is higher, when employees take on the role of both the student AND the teacher. This enables everyone to show off and demonstrate their best skills, and learn from others in a more informal, stress-free environment. Your team can exchange invaluable knowledge, share best practices, and trade the key healthcare tips you can only learn from experience. These collaborative discussions also play a positive role during employee performance evaluations, even if you’re not a huge fan of SCRUBS. How critical is collaborative learning? In a 2013 Bersin study, 87 percent said sharing knowledge with their team is "very important" or "essential" to learning in the workplace.[2]
  4. Deliver measurable results to execs. Ok, so this one isn’t a ’tip,’ but it’s a critical element to the compliance training and skills development process. You’ll need executive buy-in before starting a training initiative, and if you want that green light to stay green, then you need to:
  • Establish metrics for success
  • Show how your strategy will hit those metrics
  • Deliver results that show you achieved employee growth on a smaller budget

Today’s workforce is passionate, but to fully capitalize on their career goals, you’ll need to offer training sessions that address their needs. They want usable content that is quickly accessible, and the more you can leverage innovative technologies, including mobile devices, the faster they’ll learn (and at a lower cost to admins!). Learning should also be collaborative, so ditch pricey consultants and stop eating travel costs; you’d be surprised how much knowledge is already in your organization. You just need to provide a platform where it can be shared. Last, show cost-conscious execs your strategy to get their approval.

Want to learn more on Collaborative Learning in Healthcare? Join Sanford Health and Modern Healthcare on our 06/07 webinar.


[1] Talent Acquisition Factbook 2015: Benchmarks and Trends in Spending, Staffing and Key Recruiting Metrics, Bersin by Deloitte / Jennifer Krider, Karen O’Leonard, & Robin Erickson, PhD, April 20151. PwC – 19th Annual Global CEO Survey, Healthcare Industry

[2] Bersin, Learning in the Workplace, 2013

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

株式会社アルバック:履修率100%を実現する教育ポータル

お客様事例

株式会社アルバック:履修率100%を実現する教育ポータル

アルバックは1952 年、「若い世代の未来を真空で豊かにしたい」「真空技術で産業と科学の発展に貢献しよう」という若い技術者の理念のもと、6 人の当時の財界有力者が出資者となって誕生した企業です。真空技術は現在でも欠かせないもので、液晶フラットパネルディスプレイ、半導体、電子部品、さらには自動車、食品、医薬品など多くの生産工程でアルバックの真空技術が使われています。 アルバックの事業は国内にとどまりません。現在では国内の売上が約35%、海外の売上が65%とグローバルに展開し、国内外のグループ会社は世界49 社になります。 グローバル化の展開に伴い、各国の生産現場からあがってきたのが、「わからないことがあっても、どこに聞けばよいのかがわからない」という声でした。従来は日本から技術者を派遣し、技術伝承を行ってきましたが、グローバル展開が加速して拠点数が増え、人財育成の要望が増えた一方で、国内のベテランの定年による減少に伴い、需要を満たすだけのベテラン社員を派遣することが難しくなっていたのです。従来とは異なる新たな社内教育の仕組みを作る必要に迫られました。 そこで2015 年から、生産本部のスタッフが中心となって、教育の仕組み作りが進められました。 その際に教育プラットフォームとして選択されたのがコーナーストーンオンデマンドのソリューションでした。この取り組みは社内で高く評価され、生産本部だけの利用にとどまらず、現在では教育部門の人財センターで全社員を対象に利用されるようになっています。2019 年6 月末までにグループ全体となる6400 人の利用を見込みます。 コーナーストーンを選んだ理由とは? 中国駐在から帰ったアルバックの廣瀬知子氏(人財センター 副参事)は、「海外のグループ会社でも利用できる教育の仕組みを作らねばならない」と痛感していました。グループ会社に専門教育を実施し、生産性を上げることが命題でした。当時、廣瀬氏は生産本部に所属していましたが、駐在先の中国で、現地のグループ会社社員が必要な情報を得たくても得ることができない状況を目の当たりにしていたのです。 帰任後、生産本部で利用する新しい教育システムを探し始めた廣瀬氏は、展示会でコーナーストーンのソリューションを知りました。 「コーナーストーン・ラーニングは人事のプロでなくても、使いやすそうな製品という印象でした。グループ会社がある海外でも使うことを想定していたため、多言語対応であり、また海外拠点でもサポートを受けることができるシステムが望ましいという判断もありました。」(廣瀬氏)コーナーストーンは、この点からもニーズに合致していました。廣瀬氏は中国やマレーシアなどの通信体制に懸念のある地域で導入デモンストレーションを行ったのち、コーナーストーンを導入しました。 コーナーストーンは、この点からもニーズに合致していました。廣瀬氏は中国やマレーシアなどの通信体制に懸念のある地域で導入デモンストレーションを行ったのち、コーナーストーンを導入しました。 2016年6月、契約後わずか3か月で社内教育のためのポータルサイトとしてeラーニングシステムが稼働しました。当初は利用者300人からのスタートでした。 長期出張者でも学習できる体制で、必須科目の履修率が大幅向上 eラーニングシステム導入以前、アルバックで行われていた社内教育のメインは集合教育でした。集合教育の様子をビデオで録画し、イントラネットの学習に利用することもありました。「わざわざeラーニングシステムを導入しなくても、これまで使っていたものをイントラネット経由で利用するだけで十分ではないか?」という声も社内からあがったと言います。 しかし廣瀬氏は、「従来の仕組みには欠点があったのです」と指摘します。「仕事の性質上、長期間客先に出張し、業務を行う社員がいます。従来の仕組みでは、出張先で学習することができませんでした。長期出張中であっても、必要な教育を出張先で受けることができるeラーニングが必要でした。」また、製造の現場にはサービス、安全、コンプライアンスといった必須で学習する必要があるコンテンツが数多く存在します。コーナーストーン・ラーニングでは、これら必須科目についても期限を決めて履修率を確認し、未履修の人には声かけをすることで履修を促すことができます。 コーナーストーンのeラーニングシステムをULVAC Academy Portalとして導入してから、長期出張中であっても学習できる体制が整いました。以前であれば、出張中で履修が難しかった人も含め、安全保障貿易管理基本教育など必須科目の履修率100%を実現することができるようになりました。」(廣瀬氏) 資格管理の把握が容易に また、生産現場から課題としてあがっていた、「資格管理」もこれから行っていきます。以前からイントラネットで資格取得者が何人いるのかを確認することはできたのですが、「資格を持っていない人が何人いるのか」、「期限付きの資格が切れる時期はいつなのか」といった資格管理のための情報は取得することはできませんでした。 コーナーストーン・ラーニングでは、社員の資格管理を一元管理できます。管理者が資格取得の状況や、資格が切れる時期も確認できるようになったので、仕事が始まる前に資格取得の学習をしてもらうよう指示を出すことができるようになりました。資格が切れて作業ができなくなる空白期間を作らないようにするよう、事前に対策をとることができます。 事前学習を促し、新しい業務への配置に応用 さらに、新しい仕事をしてもらう際には、資格の保有状況だけでなくこれまでの経験を管理者が確認し、新しい仕事に臨む準備を促すことができます。 「新しい装置を扱うための教材をコースで提供することで、事前に学習するモチベーションにつなげたいと考えています。またすでに履習した人を把握して、業務の配置などに応用することも検討できるようにしていきます。」(廣瀬氏) 生産本部から全社へ利用範囲が拡大 生産本部で始まったポータルは2017年度から全社で利用するシステムとなりました。廣瀬氏をはじめ、生産本部でシステムに関わっていたスタッフも人財育成部門の人財センター所属となりました。 全社で利用するものとなったことで、コンテンツの種類も広がりました。当初は生産部門向けが中心だったコンテンツに、会社の理念、歴史を紹介するものが加わりました。 また、社員が利用するポータルサイトとは別に、請負スタッフ向けポータルサイトを求める声があがったことで請負スタッフ向けポータルサイトが作られるなど、ニーズに合わせたシステムやコンテンツの充実がはかられています。 2019年6月末には、グループ会社も含めた全社員がeラーニングを利用できるようになる予定です。これが実現すれば、これまで行われてきたコンプライアンス、安全基本教育といった全社員必須の教育については、集合研修を撤廃し、eラーニングに置き換えることが計画されています。集合教育の場合、自分の業務とタイミングが合わず履修することができないケースがありますが、eラーニングであれば自分の都合が良い時に履修することができるため、全社員が履修しなければならない必須教育には適していると判断したからです。受講者と講師の両者の観点から効果と効率を考え、eラーニングと集合教育を使い分けていく方向です。 「今後は、社員がステップアップを望む際に利用できる教育コンテンツなど、教材を充実していくことが課題の1つです。もう1つの課題は、すでに提供されている教材の内容を簡単に紹介する要約や、ダイジェスト版動画を提供するなど、既存コンテンツの利用促進となるような仕掛け作りです。作ったものが使われないポータルサイトにしてはいけないと考えています」(廣瀬氏)

Three essential elements for a future-ready workforce

リサーチ

Three essential elements for a future-ready workforce

The notion of “future ready” can mean different things, but there is one common thread when the topic is discussed within forward-thinking organizations. It’s possible for both employees and the company to thrive even within a very fluid and challenging operating environment as long as the right structural and technological elements are in place. Three key factors help create and maintain this ability to thrive: • The continuous cultivation of employee talent • Self-directed career management opportunities • Technology that facilitates learning and career management To learn more about the three key elements, download the brief by Ventana Research in partnership with Cornerstone.

Strategies and Tools for Driving Learner Engagement

オンデマンド式ウェビナー

Strategies and Tools for Driving Learner Engagement

Many organizations are prioritizing learning to attract, retain, and grow top talent, but implementing the strategies at the right time for the right learner can be tough. Doing it with tight resources, even tougher. Andersen Corporation has experienced this. They knew it wasn’t enough to follow the standard “if you build it, they will come” mentality for learning. In this session, Strategies and Tools for Driving Learner Engagement, you’ll come away with: New ideas from the Andersen team as they share how they’ve been able to achieve a consistent increase in the consumption of Cornerstone Content Anytime (CCA) courses month over month Considerations to help you get started building your own effective communications strategy Tips and tools for executing a sustainable plan that drives continuous engagement and builds a culture of passionate learners In addition to hearing about Andersen’s content journey, you’ll also get a refresher from the Cornerstone team on the learner engagement tools we have available and ways that you can leverage your partnership with Cornerstone to get the most out of your learning content. Watch Now

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項