ブログ投稿

4 tips to help one-person HR teams track legal changes

Suzanne Lucas

Founder, Evil HR Lady

HR departments are always busy. They track hiring trends, follow market-rate salaries, manage benefits, oversee learning content, mediate employee conflicts, fill out paperwork, developing workplace policies and more. So what happens when you’re a one-person HR team? You do everything yourself.

And with the legal scrutinies put on the HR department, the stakes are high.

With constantly changing laws, court cases and EEOC and NLRB rulings — not to mention all your other responsibilities — how can you possibly keep track of what updates might impact your company?

Here are four tips to help you stay on top of legal and legislative changes in HR so you can make the most of your time.

1) Build a reliable source list to help answer issue-specific questions

You don’t have to know every HR law under the sun, but you do need to know where to find reliable answers and information. For instance, if someone needs time off for medical reasons and you have more than 50 employees, double-check the official government website for the Family Medical Leave Act. If you have someone request an accommodation under the Americans with Disabilities Act, AskJan can almost always help you find an answer for your situation.

And consider subscribing to a newsletter so that valuable resources and information come directly to you. A variety of email newsletters provide daily or weekly roundups of the latest news in employment law. I use Lexology, but others include the Employment Law Information Network and Ogletree Deakins newsletter. When the email hits your inbox, you can quickly scan to see any changes in rules or regulations that directly affect your business, industry or location.

2) Join your local Society for Human Resource Management chapter

Sure, you can join the national Society for Human Resource Management — their website has frequent updates, which are great. But a local chapter will have a better handle on employment changes happening in your specific area, which can be especially helpful for hiring trends and local salary information.

Of course, with more companies going remote and hiring workers across geographies, you may have employees in multiple states, so don’t assume that one state’s updates apply to your entire workforce.

3) Invest in compliance technology

Using HR technology can be a great way to keep your time free for other, more strategic, people-focused tasks, all while staying current on changing laws. Automatic updates to your software can make for a seamless transition to new regulations at the federal and state levels. The right tech solution can also help with reporting or preparing for certain audits.

4) Consider keeping an employment attorney on retainer

This sounds like an expensive option, but getting quick legal advice is far cheaper than ending up in court. If a question comes up and you can’t find a reliable answer quickly, an employment attorney can be a valuable resource to make sure you’re staying compliant.

Most importantly, don’t panic if you feel like you don’t have all the answers. The important thing is to acknowledge when you might need help. When an HR manager thinks they know everything and refuses to ask questions, organizations can get into trouble. Don’t be that person. Ask. Read. Google. Join. Call. Do these things, and you can feel confident in your knowledge.

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

IDC MarketScape:統合型タレントマネジメントの世界的企業 2021年ベンダー評価

リサーチ

IDC MarketScape:統合型タレントマネジメントの世界的企業 2021年ベンダー評価

コーナーストーンが「リーダー」に選ばれた理由 従業員体験は、企業の生産性、離職率、顧客満足度など、ビジネスの多くの側面に影響を与えます。統合タレントマネジメントは、彼らが体験する日常活動すべてに対する満足度を向上させます。 だからこそ、私たちはコーナーストーンが2021年のIDC MarketScapeレポートにおいて、統合タレントマネジメントの分野でグローバルリーダーの一社に選ばれたことを知っていただきたいのです。 IDCの定義によると、タレントマネジメントが貢献することとして、従業員の興味を引き、彼らの人財育成を支援し、報奨につなげ、人財としての確保を実現していくことが挙げられています。それらの目的は、人財の募集、採用者への初期対応と指導、教育と能力開発、活動評価、報奨の管理、キャリアアップと後継者選択の計画など多岐にわたる作業をコンピテンシーの管理や評価をもとに推進することで達成されます。 このレポートでIDCがコーナーストーンを高く評価した理由は以下のとおりです。 Sabaの研究開発チームが統合され、研究開発チームがさらに強化、拡大された スキルの特定、管理を可能にする機能が業界随一である 人財教育と能力開発の分野における優れた実績と豊富な経験・知識 IDCのレポートをダウンロードしてください。統合タレントマネジメントのベンダー評価詳細に加え、コーナーストーンが業界トップに選出された理由を確認いただけます。 出典:『IDC MarketScape:Worldwide Integrated Talent Management 2021 Vendor Assessment(2021年統合タレントマネジメントグローバルベンダー評価)』、リサ・ローワン、2021年7月、IDC# US45943220 IDC MarketScapeは、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力を把握できるベンダー分析モデルです。調査方法として、定量的および定性的な評価基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフィックスによって図示されます。ケイパビリティスコアでは、ベンダーの製品、市場戦略、事業運営の短期的な評価を行い、戦略スコアでは、3~5年の期間にわたるベンダーの戦略が顧客のニーズに沿うものかどうかを評価します。ベンダーの市場シェアは、グラフ上の円の大きさで示されます。

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

データシート

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ

新しい働き方と同じように 進化してきている コンテンツ ビジネスに貢献でき、成功するために必要なスキルは常に変化し続けています。そのような状況に対応するために、Cornerstone Content Anytimeは、現在最も必要とされてい るスキルを従業員に身につけさせることで、より優れたコミュニケーター、より力強いリーダー、より機能的なチームを構築することを目指しています。最新のコンテンツとそれぞれの学習者一人ひとりに合わせてパーソナライズされた学習体験により、パフォーマンスを向上させます。

コーナーストーン・パフォーマンス CSX

データシート

コーナーストーン・パフォーマンス CSX

個人のゴールをつないで組織全体の成果を出す 従業員全員が高いモチベーションを持って仕事に取り組んでいるといいのですがそれを確認するのは簡単なことではあり ません。従業員が自らの業務に目的を見出し、その目的を組織の目標と一致させる必要があります。コーナーストーン・パフォーマンス CSX では、人財の状況をハイブリッドワーク環境下でも 詳細に把握することで、組織の最優先課題を解決するための人財を迅速に特定し、動員することができます。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項