ブログ投稿

Blockchain Poised to Improve Future HR Operations

Ike Bennion

Director of Product Marketing, Innovation and Strategy

This article was originally published on WorldAtWork.

Blockchain has become somewhat of a buzzword over the last few years, but the technology famous for powering bitcoin has more utility than many of us give it credit for. In fact, blockchain has shown enormous potential in areas like real estate, capital markets, health care and financial services.

Starting today, and continuing into the decade to come, blockchain will add human resources to the long list of industries it is sure to disrupt. Even in a rapidly changing work landscape, prompted by the global skills shortage that’s only been accelerated in a COVID-19 world, the fundamental things you need to know about a person — who they are, what their professional background is — haven’t changed. Roles and the demand for new skills have been affected, as has the increased ability to see an individual’s potential when matching them to a job. For those displaced workers who are eager to get back to work, employers can accept and instantly verify credentials, which include their employment and identity, a process that historically takes as long as two weeks to complete.

So what, exactly, can HR managers expect to see as blockchain technology realizes its full potential? Here are several ways blockchain will add value to organizations over the next decade.

Improving Job Matching

The job description and the resume are both formats that are designed to match talent to need in an era when careers were more linear, and jobs didn’t flex with change nearly as much as they do now. The nature of work today includes more jumps between companies, roles or even skillsets than what the labor market saw in the past. Not to mention that employees today are constantly learning new skills and competencies — and not every single one translates specifically to a certificate or degree. The new resume should be able to reflect these credentials.

Blockchain provides an opportunity to better understand the skills, work experience and other value a candidate brings to the table. It also helps us to see jobs in terms of their fundamental components, which can help match with better clarity, speed and accuracy than what is available today.

When we can better understand how someone does their work, their attitudes and interests, and how they work with others, we can move past how long someone operated in a certain role and understand how their unique perspectives and background can match critical needs of a company to support growth. That includes external hiring, but even more critical in our current environment, what talent is already available within the company.

A Better Baseline for Recruiting and Talent Acquisition

The problem of "resume fibbing" has crept up over the last few years — and it only seems to be getting worse. A 2017 survey found that a whopping 85% of employers have caught people lying on their resumes, up from 66% five years prior. These stats are disappointing but not necessarily surprising. After all, with fierce competition from all-star candidates who boast Ivy League diplomas and experience at Fortune 500 companies, many job applicants feel the pressure to stand out.

With blockchain, however, hiring managers looking to fill open roles with the most qualified people will be able to trust the integrity of the information candidates provide — and avoid misleading or completely false resumes that currently plague the industry. Blockchain can also help level the playing field by highlighting additional accomplishments and presenting information in a clear, objective way rather than weighting certain credentials, like a college affiliation, too strongly.

And as a result, resumes become more than a list of an employees’ accomplishments. With the support of blockchain, candidates could provide employers with additional insight into what it might be like to work with them from the very start of the hiring process.

Giving Applicants More Control Over Their Information

When someone applies to a job, it can often feel like their information is going into a black hole. But with new data privacy regulations like GDPR in Europe and CCPA in California, people are becoming increasingly aware of how their data is being used and who has access to it. With blockchain, applicants have more control over their information and can request that their data be deleted. Instead of contacting all of the jobs they have ever applied to, they can make changes to their blockchain network and control who sees their data.

Blockchain also enables applicants to set a time limit for how long a company can see their data. So, for instance, when someone applies to a job using their blockchain credentials, they can elect to only allow that company to access their information during the recruitment process. This functionality also benefits employers because they won’t need to manage expectations around compliance amid new data privacy regulations. Blockchain will do that work for them.

Powering the Gig Economy

With blockchain, someone who works multiple gigs will be able to add a portfolio of projects and skills to their blockchain record, helping them get hired quickly for the jobs they do best.

As we continue to talk about the future of work, technological advances that bring artificial intelligence and machine learning into the workplace or home office tend to comprise the majority of the conversation. But it’s time we add blockchain to that list of innovations. By 2030, 30% of commercial activities will be supported by blockchain.

There’s a lot of work to be done to bring the real-world applications of this technology to life, but one thing is clear: Blockchain has the potential to become a game-changing tool for HR departments and employees alike.

Video of Blockchain in HR? - What the Future Ep 25

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

お客様事例

ブライトホライズン:コホート機能でスムーズなコラボレーションとグループ学習の推進を

ブライトホライズン社はBright Horizons Family Solutions®というファミリーセンターを設け、幼児教育、就学前教育、企業内保育、一時託児サービス、教育アドバイスなどを提供しています。 1986年創業の同社は、保育サービス企業として唯一、フォーチュン誌の「アメリカにおける働きがいのある企業100社(100 Best Companies to Work for in America)」ランキングに選出されています。 同社では2010年以来、コーナーストーンオンデマンドの統合タレントマネジメントプラットフォームを活用し、26,000人の従業員に能力開発、業績管理、後継者育成を促進してきました。 年間で約50クラス、過去6年間では300クラスもの研修を提供しており、その管理には困難が伴っていました。 ブライトホライゾン社の学習サービスシステム担当マネージャー、ステファン・クイン(Stephen Quinn)氏は次のように話します。 「当社ではコホート機能を使ったグループ学習プログラムを通年で実施しており、幼児期教育の認定プログラムだけでも20クラスありますその受講登録や進捗管理といった事務は手作業で行っていました」 また、同社ではオンラインと集合を組み合わせたブレンド型学習プログラムを提供していましたが、ソーシャルとラーニングのコンポーネントにおいて受講者のエンゲージメントを高めるような枠組みが構築されていませんでした。 「カリキュラムとコミュニティが直結していませんでした」とクイン氏は話します。 コーナーストーンを選んだ理由とは? ブライトホライゾン社は2015年にコーナーストーンのコラボレーションラーニングの社内テストプログラムを立ち上げました。より総合的な学習体験を提供するコラボレーションラーニングを活用して、受講者間の交流の促進、学習内容の実際の業務への活用、より効果的で効率的なコホート機能を使ったグループ学習を提供し、社員の定着とエンゲージメントを向上させることが可能となりました。クイン氏は次のように話します。 「当社がこの数年間取り組んできたことに技術が追いついてきました。今までのガイド付き学習を取り入れて、コラボレーションラーニングを活用しています。リソースを節約できるため、取締役向けのプログラムや、取締役への昇格を控える部長クラス向けのプログラムなど、より多くの研修を提供することができます」 ブライトホライゾン社は2015年第4四半期からこのソリューションを展開しており、すべてのガイド付き学習をコーナーストーンで直接管理しています。また協調機能が強化され、他の受講者やインストラクターとの直接的なコミュニケーションが実現できました。 「コラボレーションラーニングは、ユーザーとインストラクターの双方の体験を向上させます。この新しいインターフェースはすでに反響を呼んでいます」とクイン氏は言います。 既存のガイド付き学習と一緒に管理 ブライトホライゾン社は26,000人の社員向けにコホート学習を継続して実施しています。 「これまでもコホート機能を使ったグループ学習を実施してきましたが、コミュニケーション主体のコラボレーションラーニングを取り入れることで、さらに効率化を図ることができます。これは非常に嬉しいことです。近いうちに研修への自動登録が可能となるでしょう。システムがその負担を担ってくれます。リソースを節約できることで、より多くのプログラムを提供することができます」とクイン氏は言います。 受講時に直接的なコミュニケーションやコラボレーションを実現 これまで、受講者間のやり取りはアドバイス的なものが一方的に行われ、直接のやり取りでも協調的なアプローチでもありませんでした。 「例えば、受講者にはブログを読み、2件のコメントを投稿して他の受講者との交流を促す、というやり取りで、自然な対話ではなかったのです。コラボレーションラーニングでは、もっと直接的なやりとりが可能となり、返答が来るまで待つ必要がなくなります。社員の直接参加が大幅に拡大すると期待しています」 クラスにアクセスする社員数が8倍に増加 コーナーストーン導入前は、同社のシステムにアクセスする社員は1,200人にとどまっていました。これが8倍増となる11,000人に増え、ブライトホライゾン社ではコラボレーションラーニングの導入により、さらに人数が増えると見込んでいます。 「コーナーストーンにより、研修を教員向けだけでなくこれまで手薄だった事業分野にまで拡大することができるようになりました。現在では、コンピテンシー評価、職歴、後継者育成計画、トレーニング動画など、よりキャリア志向のツールを提供し、リピート率を向上させています。また研修登録者全員の受講前後のコンピテンシー評価も実施しています。これにより習熟度を測定し、受講した社員の成長を確認しています」

コーナーストーン  ・スキルグラフ_テクニカルデータシート

データシート

コーナーストーン ・スキルグラフ_テクニカルデータシート

コーナーストーン・スキルグラフは、従業員のスキルにフォーカスした人 財戦略です。コーナーストーンのいずれかをご利用になっていれば、2.5億 の職種、53,000種類を超えるスキルのインテリジェントオントロジーにア クセスできます。あらかじめどの従業員プロファイルにもとりこまれてい ます。 言語サポートやエシカルAIから実装プロセスやセキュリティまで、コーナ ーストーン・スキルグラフに関するテクニカルな解説をしています。ぜひ ダウンロードしてご一読ください。

コーナーストーンHRスイート

データシート

コーナーストーンHRスイート

グローバルな組織・人事データを一元化して表示することで、より客観的な指標に基づく意思決定を可能に コーナーストーンのHRスイートは制約の多い高額なHRシステムに変わって、柔軟性や非様態効果 の高いソリューションを提供します。HRスイートは強力な管理機能やプランニング機能、表示機能 を備え、人材にまつわるすべてのデータを集中管理できます。短期間の導入で導入コストを大幅に 削減でき、ビジネスの成長に必要な情報が簡単に入手できるようになります。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項