ブログ投稿

Is Continuous Performance Management Here to Stay? Absolutely.

Joanne Holbrook

Principal Strategist, Cloud Solutions at Alight Solutions

About five years ago, I worked with a client who bristled at the idea of typical annual performance reviews. What they wanted to implement was a "conversation-based" performance review process. The process had to be employee driven; managers and employees held an ongoing, continuous dialogue about the employee’s performance throughout the year. At any point throughout the year, the employee’s colleagues or customers could also contribute performance input but the most important objective was that they didn’t want a performance rating. No rating. None. At all. And certainly not a numeric rating.

I had never heard of such a thing. I thought it was a radical, unstructured by design, way out of left field concept for measuring someone’s performance. Quite honestly, the whole premise felt like a flower-power, peace, love and happiness sort of approach to me. In my HR experience, I had only ever managed annual processes in which reviews were to be held at the end of the fiscal year and culminated in each employee receiving a score (maybe even a rank), that triggered the next major step in the process: performance improvement planning. Needless to say, I struggled to understand what was so wrong with annual reviews that this client wanted to throw it out wholesale.

Fast forward to today when the idea of continuous performance management is starting to take center stage. Many organizations, large and small, across a broad cross-section of industries, are adopting the philosophy. And there is a growing body of research that supports its necessity in today’s workplace. For instance, in 2015, 58 percent of HR leaders described their performance management process as an ineffective use of time. Let’s take a closer look at why.

There is no getting around it; today’s work landscape is vastly different from the days of traditional, annual performance management.

The way we work is different. Corralling employees in the office 40 hours a week, every week is a thing of the past. A recent survey found that 60 percent of companies offer employees telecommuting opportunities—a threefold increase in just 10 years.

The makeup of today’s workforce is unique. For the first time, there are four generations of workers in today’s workforce. Employers are challenged with meeting a wide spectrum of employee needs and expectations. There is no more "one size fits all" approach.

Technology continues to advance. Technology enables us to give and receive immediate feedback all the time. We rely on feedback from others for everything from which app to download to what to order for dinner.

Worker expectations have changed. Workers want meaning in their work, to be more empowered in their day to day decision making, and to be in the driver’s seat as they progress through their career. Top down decision making and rigid chains of command are outdated concepts. Workers want their managers to develop and guide them, not tell them what to do.

What does all this mean? Quite simply, it means traditional performance management thinking is outdated.

As I started researching continuous performance management, I came to understand it is not a new technology; it is a way of thinking. Successful companies weave performance into day-to-day thinking. While there is no secret sauce, I quickly found that there are a handful of key concepts that make up continuous performance management.

1) Continuous performance management means regular employee/manager check-ins.

Conversations about performance become an agenda item for ongoing manager/employee one-on-one meetings. Managers may offer observations or feedback from recent interactions or meetings. Employees may seek input for an upcoming task or activity. Goal progress may be discussed. Updates and outcomes from previous conversations are shared.

2) Continuous performance management incorporates input from others.

Given the nature of many virtual work environments, employees are encouraged to solicit feedback from others. Colleagues may also offer recognition for a job well done. With a continuous model, multiple voices contribute input to employees, often offering new perspectives for consideration. Taken in tandem with regular manager check-ins, the employee is now afforded an opportunity for ongoing self-reflection that is often lost in typical review processes.

3) Continuous performance management includes frequent data collection.

Rather than attempting to gather performance evidence once or twice a year, check-in data may be gathered as frequently as every two weeks. The data may also include input from others, outcomes from check-ins, or updates to goals or development plans. With fresh, current data in hand employees are empowered to take ownership of their development, potentially changing direction to perform better on the fly; giving more meaning to the employee’s work.

4) Continuous performance management captures periodic performance snapshots.

If you, like I, have ever been on the receiving end of feedback during an annual review about a growth opportunity that happened nine months ago, you can appreciate the value in capturing periodic benchmarks. Snapshots ensure that issues are addressed as they occur and provide a tangible way to demonstrate improvement. With employees driving the direction of their own development, mangers take on a supportive, coaching role with employees (vs. assessing and holding employees accountable) ultimately creating an environment that fosters trust and builds relationships.

Adopting a continuous model requires a cultural change, yes, but it does not necessarily have to mean abandoning traditional performance components like company goals, development plans, year-end reviews or ratings. In fact, because a continuous model assumes employees want to improve, companies may find the approach strengthens goal alignment, increases commitment to personal development plans, and makes for more meaningful reviews.

It may, however, require taking a look at the talent management system currently in place to ensure it will support continuous performance management. Recall the client who wanted to implement the "conversation-based" performance model I wrote of earlier? Well, my job was to guide their performance management system implementation to support it. Once I got over myself and got to work with the technology, I’m pleased to say that we did it. Using Cornerstone OnDemand, we built a development plan framework where employees tracked their conversations with their managers, we created a mechanism (via social collaboration) for employees to ask for and receive feedback from others within the organization and we devised a review process allowing managers to gather data to form a snapshot of the employee’s performance. With nary a single review rating in sight!

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

ホワイトペーパー

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

従業員個人への最適な学びを提供するデンソー、個別化されたキャリアデザインへを支援するみずほフィナンシャルグループ、豊富なコンテンツでのタレントマネジメントを社内展開するUDトラックスの事例と、各社が個別最適化された学びや個人のキャリアへの企業側のサポートについて議論した、パネルディスカッションの内容をレポートします。 *講演内容 ・ラーニングシステムで個人に最適な学びを実現 (株式会社デンソー) ・みずほらしくない人材を募集する理由明らかに (株式会社みずほフィナンシャルグループ) ・豊富なコンテンツを揃えタレントマネージメント実践 (UDトラックス株式会社) *パネルディスカッション ・自由なキャリア選択ができる時代に企業は人材育成投資をいかに考えるべきか? ・個別最適化された学びをいかに実現するのか? ・鍵となるのは50代のスキルアップ

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

ホワイトペーパー

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

企業が激しい競争を生き抜いていくためには、人財マネジメントの進化が必要だ!」 コーナーストーンオンデマンドの米本社最高技術責任者マーク・ゴールディンは 「イノベーションなくしては成功がない時代に、あなたはどう備えているのか?」と問いかける。 日本ではいまだに、「管理」するためのものというイメージが強い人事システムだが、管理する だけでなく、社内にどんな人財がいるのか、新たに必要な人財、スキルとはどんなものかを巴握し、外部からの採用、社員の再教育を行うことなどで、イノベーションが必要な 時代に対応した企業へと変わっていく必要がある。人財不足が叫ばれる中、企業が生き 残るために必要な進化した人財マネジメントとはどんなものなのかをご紹介しよう。

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

お客様事例

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

1969年の創業以来、Wendyʼsはファストフード業界のイノベーターとして30カ国以上、6,650店舗を展開しています。この内95パーセントをフランチャイズ店が占めています。創業者の「デイブ・トーマス(Dave Thomas)氏の価値観」は今日までWendy'sの日々の業務の中で大切にされています。 「当社が差別化を図る方法のひとつとして、品質へのコミットがあります。すべてのお客様に喜んでいただきたい、それがすべてです」と話すのは同社のチーフ・ピープル・オフィサーの(CPO)コーリー・オブライエン(Coley O'Brien)氏です。 「“品質ヘのコミット”を実現するため、社員がそれぞれの立場で成功し、当ブランドのビジョンを実現できるよう、組織開発やトレーニングを実施しています」。 これまでWendy'sでは、主に、紙ベースで学習を行ってきました。「業務マニュアルやDVDなどを使っていましたが、効率も悪く、思うほど効果も上がりませんでした。受講者やフランチャイズ店のニーズに合わせ、業績にもっと大きなインパクトのある学習戦略が必要だと認識していました」とオブライエン氏は言います。 コーナーストーンを選んだ理由とは? Wendy'sは新たな学習戦略を追求する中で、コーナーストーンオンデマンドを知りました。 「使いやすく、当社の他のテクノロジーと親和性の高いプラットフォームが必要でした。また当社独自のニーズを理解し、ベストなソリューションを一緒に見つけてくれるパートナーを求めていました。」オブライエン氏は続けます。「我々の業務を改善し、学習システムやプロセスを簡素化する取り組みの一環としてコーナーストーンラーニングとコーナーストーンコネクトを導入しました」 現在、Wendy'sでは対話式の最新トレーニングを25万人以上の社員と350のフランチャイズ店に提供しています。オブライエン氏は、「コーナーストーンラーニング上に、当社の店舗向けeラーニングプラットフォームWeLearnを構築しました。このシステムで、日々平均1万人がコースを修了しています」と話します。 また、コーナーストーンのプラットフォーム上にリーダシップ研修システムのWendy's Universityも構築しました。「Wendy's Universityでは店舗マネージャー、複数店舗経営者、現場でのサポート管理者向け、とオンラインで多様な学習ソリューションを提供しています」 修了率98パーセントを達成 Wendy'sは毎年25万人の社員に食品安全認定トレーニングを実施しています。これは連邦、州、地方行政からの実施義務数を上回るものです。 「コーナーストーンを導入してからはシームレスになり、修了率は年々改善しています。2017年1月から2月は98パーセントの修了率を達成しただけでなく、当社の食品安全認定トレーニングに関するヘルプデスクへの問い合わせがゼロになりました」とオブライエン氏は言います。 学習内容が業績につながる Wendy'sでは、コーナーストーンラーニング上に構築したWeLearn上で25種類の認定資格を提供しています。解析によると、平均13個以上の認定を持つ社員のいる店舗ではそうでない店舗より優れた業績を挙げています。 オブライエン氏は「これらの店舗では、顧客満足度スコア、売上、来店者数が高く、離職率が低い傾向にあります。当社は好業績につながるLMSを求めていました。コーナーストーンを活用し、年々それが実現できています」と話します。 業務能力とエンゲージメントの向上 WeLearnの業務シミュレーションでは、食品関連を扱う準備として、オンラインシミュレーションで訓練を受けることができます。 「新入社員は学習段階で失敗を体験しながら学ぶことができます。コーナーストーンを使うことで、実際のお客様や食品に接する前にオンラインシミュレーションでスキルを訓練することができます」 成長に向けて Wendy'sはグローバルに、そして米国内でも事業の拡大を目指しており、何千人もの新入社員に対するトレーニングが必要となります。 Wendy'sではコーナーストーンを活用することで、新入社員への急なトレーニングでもシームレスに提供できるようになりました。「当社には多くの成長機会があります。コーナーストーンが、その成長への一翼を担ってくれています。コーナーストーンの活用はうまくいっており、さらに事業拡大に役立てていきます」と、オブライエン氏は語ります。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項