ブログ投稿

Learning Corner With Jeffrey Pfeffer: To Build Trust, Cut Down on Surveillance—Even for Employees Working at Home

Jeffrey Pfeffer

Professor of Organizational Behavior, Stanford University

According to a recent article in The Wall Street Journal, at least one type of business is flourishing in our COVID-19-induced world of remote work: companies selling tools that permit employers to monitor how employees spend their time. The chief executive officer of ActivTrak, a company providing employee monitoring software and user behavior analytics, remarked that inquiries had been "a little insane" lately. Teramind, another vendor in the space, has also experienced a tripling of inbound inquiries since mid-March—along with a sizable uptick in additional licenses requested by existing clients to track more users within their organizations.

It’s not surprising that companies would want to increase their surveillance efforts, given worries about a potential decline in productivity among newly remote workers. But before you turn to ever-expanding technologies that allow managers to see their employees’ screens, keep track of the sites they visit, monitor their email (and potentially their phone calls) or use their computer’s camera to watch them, consider these four important facts.

1) Trust Is Fundamental for Effective Organizational Functioning

In the forward to JetBlue’s executive chairman Joel Peterson’s book, The 10 Laws of Trust, Steven Covey referred to trust as "an economic driver," noting that "high trust is a dividend; low trust is a tax." Research backs him up. A longitudinal study of 88 retail stores found that when employees felt trusted by management, they performed better in terms of sales and customer service (in part, because employees accepted more responsibility for their work).

But trust impacts more than external measures of success. It acts like an organizational lubricant—with high trust, there is less friction and people work together more effectively. Moreover, trust affects employees’ willingness to collaborate and share information, since they would be less inclined to divulge valuable and important insights to those whose motives they suspect. For instance, of the 1,202 working-age adults in the U.S surveyed by the Trust Edge Leadership Institute, 23 percent said they would offer more ideas and solutions if they trusted their leaders.

2) Surveillance Diminishes Trust

When a company engages in close surveillance of employees, the action signals that it does not trust staff to get the job done themselves. But this is hardly a new practice. Electronic monitoring of employees long predates COVID-19 and the shift to remote work. Even 14 years ago, a survey found that 78 percent of employers conducted surveillance on employees, with half monitoring phone calls.

That’s because employers believe that their oversight and direction makes things better—something social psychologist Robert Cialdini and I called a "faith in supervision" effect. In essence, observers tend to see work performed under the control of a supervisor as better than identical work done without as much guidance.

But what monitoring actually does is make employers less trusting of their employees. In a classic study conducted by social psychologist Lloyd Strickland more than 60 years ago, participants were randomly assigned to more closely supervise one of two subordinates (actually confederates of the experimenter) in a simulated work environment. When given the choice of who to monitor more closely on a second task, they selected that same person, assuming they were less trustworthy (for no other reason other than they’d already been observing that individual).

The paradox of surveillance is that if a boss is always watching, they can’t possibly know if an employee is trustworthy because that worker has no chance to demonstrate trustworthiness. Until employers take that risk—and allow employees to operate independently—they’ll continue to view the work as a reflection of their oversight rather than the result of an employee’s own motivations and conscientiousness.

3) Companies Should Assess Results Rather Than Micro-Level Behaviors

As long as people comply with the law and applicable regulations to get their work done, why should an employer care how they spend their time? As numerous studies show, hours spent working are often inversely related to productivity. And taking breaks—from school-related study or work—can actually improve concentration.

Presumably, employers hire people to get things done, not necessarily to work certain hours or engage in specific behaviors. This should hold true now more than ever, as more routine tasks become automated, and soft skills, like problem-solving and critical thinking, skyrocket in value.

Yet micromanaging is still a common practice—one that’s a source of deep resentment. Employees are thinking adults and, for the most part, want to be treated as such. They do not want to be viewed as little children who need to be watched all the time.

4) Surveillance Creates Stress and Health Problems

In computer- or software-based monitoring, work and scheduling decisions are ultimately controlled by a machine, a practice some refer to as algorithmic management. As a result, employees do not have, or do not feel they have, the freedom to reach out to peers for advice and social support as they do their work.

The stress that arises from this degradation in job autonomy and job control can actually lead to both short-term illness and long-term changes in health status. A study of more than 700 AT&T employees found that people who had their work electronically monitored perceived their working conditions as more stressful and reported more psychological tension, anxiety, depression, fatigue and health complaints. Meanwhile, an analysis of several field experiments and surveys found that, compared with people at low-trust companies, people at high-trust companies reported 74% less stress, 106% more energy at work, 13% fewer sick days and 40% less burnout.

The Only Way to Build Trust Is by Trusting

In addition to reducing the sense of freedom so fundamental to both employee well-being and engagement, close supervision undermines the trust leaders have in the people they manage (and vice versa). Cultures of trust rely on less surveillance, not more.

Coincidentally, the COVID-19 pandemic gives workplaces the opportunity to do something they should have done a long time ago: provide people with morecontrol over their own work, greaterjob autonomy and added responsibility—in other words, treat them in a manner consistent with who they are: sentient adults.

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

ホワイトペーパー

<個人がキャリア形成を行う時代の人材マネージメント②>企業の人材育成は 個別最適化された学びの実現へ

従業員個人への最適な学びを提供するデンソー、個別化されたキャリアデザインへを支援するみずほフィナンシャルグループ、豊富なコンテンツでのタレントマネジメントを社内展開するUDトラックスの事例と、各社が個別最適化された学びや個人のキャリアへの企業側のサポートについて議論した、パネルディスカッションの内容をレポートします。 *講演内容 ・ラーニングシステムで個人に最適な学びを実現 (株式会社デンソー) ・みずほらしくない人材を募集する理由明らかに (株式会社みずほフィナンシャルグループ) ・豊富なコンテンツを揃えタレントマネージメント実践 (UDトラックス株式会社) *パネルディスカッション ・自由なキャリア選択ができる時代に企業は人材育成投資をいかに考えるべきか? ・個別最適化された学びをいかに実現するのか? ・鍵となるのは50代のスキルアップ

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

ホワイトペーパー

スキル格差時代の進化した人財マネジメントとは?

企業が激しい競争を生き抜いていくためには、人財マネジメントの進化が必要だ!」 コーナーストーンオンデマンドの米本社最高技術責任者マーク・ゴールディンは 「イノベーションなくしては成功がない時代に、あなたはどう備えているのか?」と問いかける。 日本ではいまだに、「管理」するためのものというイメージが強い人事システムだが、管理する だけでなく、社内にどんな人財がいるのか、新たに必要な人財、スキルとはどんなものかを巴握し、外部からの採用、社員の再教育を行うことなどで、イノベーションが必要な 時代に対応した企業へと変わっていく必要がある。人財不足が叫ばれる中、企業が生き 残るために必要な進化した人財マネジメントとはどんなものなのかをご紹介しよう。

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

お客様事例

Wendy’s:従業員への魅力的な学習体験でカスタマー・エクスペリエンスと業績を向上

1969年の創業以来、Wendyʼsはファストフード業界のイノベーターとして30カ国以上、6,650店舗を展開しています。この内95パーセントをフランチャイズ店が占めています。創業者の「デイブ・トーマス(Dave Thomas)氏の価値観」は今日までWendy'sの日々の業務の中で大切にされています。 「当社が差別化を図る方法のひとつとして、品質へのコミットがあります。すべてのお客様に喜んでいただきたい、それがすべてです」と話すのは同社のチーフ・ピープル・オフィサーの(CPO)コーリー・オブライエン(Coley O'Brien)氏です。 「“品質ヘのコミット”を実現するため、社員がそれぞれの立場で成功し、当ブランドのビジョンを実現できるよう、組織開発やトレーニングを実施しています」。 これまでWendy'sでは、主に、紙ベースで学習を行ってきました。「業務マニュアルやDVDなどを使っていましたが、効率も悪く、思うほど効果も上がりませんでした。受講者やフランチャイズ店のニーズに合わせ、業績にもっと大きなインパクトのある学習戦略が必要だと認識していました」とオブライエン氏は言います。 コーナーストーンを選んだ理由とは? Wendy'sは新たな学習戦略を追求する中で、コーナーストーンオンデマンドを知りました。 「使いやすく、当社の他のテクノロジーと親和性の高いプラットフォームが必要でした。また当社独自のニーズを理解し、ベストなソリューションを一緒に見つけてくれるパートナーを求めていました。」オブライエン氏は続けます。「我々の業務を改善し、学習システムやプロセスを簡素化する取り組みの一環としてコーナーストーンラーニングとコーナーストーンコネクトを導入しました」 現在、Wendy'sでは対話式の最新トレーニングを25万人以上の社員と350のフランチャイズ店に提供しています。オブライエン氏は、「コーナーストーンラーニング上に、当社の店舗向けeラーニングプラットフォームWeLearnを構築しました。このシステムで、日々平均1万人がコースを修了しています」と話します。 また、コーナーストーンのプラットフォーム上にリーダシップ研修システムのWendy's Universityも構築しました。「Wendy's Universityでは店舗マネージャー、複数店舗経営者、現場でのサポート管理者向け、とオンラインで多様な学習ソリューションを提供しています」 修了率98パーセントを達成 Wendy'sは毎年25万人の社員に食品安全認定トレーニングを実施しています。これは連邦、州、地方行政からの実施義務数を上回るものです。 「コーナーストーンを導入してからはシームレスになり、修了率は年々改善しています。2017年1月から2月は98パーセントの修了率を達成しただけでなく、当社の食品安全認定トレーニングに関するヘルプデスクへの問い合わせがゼロになりました」とオブライエン氏は言います。 学習内容が業績につながる Wendy'sでは、コーナーストーンラーニング上に構築したWeLearn上で25種類の認定資格を提供しています。解析によると、平均13個以上の認定を持つ社員のいる店舗ではそうでない店舗より優れた業績を挙げています。 オブライエン氏は「これらの店舗では、顧客満足度スコア、売上、来店者数が高く、離職率が低い傾向にあります。当社は好業績につながるLMSを求めていました。コーナーストーンを活用し、年々それが実現できています」と話します。 業務能力とエンゲージメントの向上 WeLearnの業務シミュレーションでは、食品関連を扱う準備として、オンラインシミュレーションで訓練を受けることができます。 「新入社員は学習段階で失敗を体験しながら学ぶことができます。コーナーストーンを使うことで、実際のお客様や食品に接する前にオンラインシミュレーションでスキルを訓練することができます」 成長に向けて Wendy'sはグローバルに、そして米国内でも事業の拡大を目指しており、何千人もの新入社員に対するトレーニングが必要となります。 Wendy'sではコーナーストーンを活用することで、新入社員への急なトレーニングでもシームレスに提供できるようになりました。「当社には多くの成長機会があります。コーナーストーンが、その成長への一翼を担ってくれています。コーナーストーンの活用はうまくいっており、さらに事業拡大に役立てていきます」と、オブライエン氏は語ります。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項