ブログ投稿

LMS vs. LXP vs. TXP それぞれの違いわかりますか

Cornerstone Editors

LMSとLXPの有用性—およびコーナーストーンTXPのビジョン

まずは、ごく簡単な歴史から。

長年にわたり、人材開発 (L&D) チームは研修や学習手段の提供方法に関しては対面学習派とeラーニング導入歓迎派という基本的な2つの陣営に分かれて議論を続けてきました。

学習管理システム (LMS)

そこに学習管理システム (LMS) が登場します。L&Dチームはこれにより、テクノロジーを使用して対面式研修の登録や指示、出席などを管理でき、最終的にはeラーニングの割り当てまで、すべてLMSを介してできるようになりました。

L&D分野でテクノロジーの使用がますます普及し、SCORMのような技術専門用語が一般的な用語となりました。

その名が示すように、LMSの焦点は「管理」に置かれていました。L&DチームはLMSを使用することで、特に規制の厳しい業界において重要なすべての受講必須研修の管理と記録を行っていたのです。

現在LMSは多くの機能を備えていますが、コンプライアンス研修や受講必須の学習を管理するツールとしての側面が依然として強いです。

学習体験プラットフォーム (LXP)

LMSは元々、トップダウンのアプローチによる学習を提供するために開発されました。それから機能が色々加わったとはいえ、テクノロジー自体は引き続き組織側の視点で必要なものの管理をサポートする役割を担っています。一方で、学習体験プラットフォーム (LXP) は、受講者の視点を重視して使い勝手の良さやコンテンツの提供をおこないます。

LXPは、受講者が目指す目標に基づいて高度にパーソナライズされた学習提案を行います。それは、その人が本当に必要とする最適なコンテンツを見つけるという手間のかかる作業をすべてAIと機械学習を活用して行います。これらすべての体験がエクスペリエンスです。

LXPはまた、社内の仲間から学ぶことも可能で、いずれにせよ主体は受講者である従業員たちです。ソーシャル機能、キュレーションやユーザー生成コンテンツのツールを使って、同僚から学び、専門知識や洞察を共有することを促進します。このテクノロジーは、大陸を超え、時差を超えて学びの文化を支援します。

受講者視点のエクスペリエンスを優先することは、企業にとって大きなメリットがあります。従業員は重要なビジネス知識を文書化して共有しながら、重要なスキルを構築できます。一方、L&Dチームはターゲットを絞ったコンテンツの調達やキュレーション、提供に通常費やされる時間とリソースを節約できます。仕事に即して学び成長を続ける人材に支えられることで、事業は回復力とアジリティを獲得できます。それは、急速な技術の進歩、複雑な規制環境、消費者の期待の変化、サプライチェーンの混乱といった課題に直面する今の時代においては非常に重要なことです。

LMSとLXPの機能の違い

ラーニングと自律型スキル開発(LMS)

  • LMSは主として、管理の効率化とレポートを可能にするツールで、体系的な学習プログラムを提供するためのものです。LMSは、標準化されたオンボーディングや安全衛生、コンプライアンス、職業訓練、季節の研修、また変更事項の管理の一部として必要な学習などに対してよく利用されています。
  • LMSは、認定機関またはコンプライアンス機関のトレーニング修了と資格の証明を必要とする組織の履歴管理システムとして機能します。
  • 教育担当者は、学習形式、学習の提供と要件に関する業務規定、認定とコンプライアンスのレポートについてなど幅広いジャンルの管理にLMSを参照できます。
  • LMSが解決できるビジネス上の課題には、大規模なトレーニング、コンプライアンスとリスクの最小化、新入社員の生産性向上までの時間短縮などがあります。

LXP

  • LXPは、主に自主学習とスキル開発をコンシューマーグレードの体験で提供するために設計されています。ユーザーがログインすると、各自のスキルと学習目標に基づいて個人に最適化された学習提案が表示されます。提案内容は、システムがユーザーの行動を学ぶにつれて毎日更新されていきます。
  • LXPでは、受講者は研修やプレミアムコンテンツ、内部資料、社会的に共有された知識、外部Webコンテンツなどに、自分に合った形でアクセスできます。数分から数時間までコンテンツの長さは様々です。
  • LXPには、学習コミュニティをサポートするための広範なソーシャル機能とキュレーションツールが備わっています。EdCast LXPにはまた、社内の各分野の専門家が同僚と知識を共有できる多様なユーザー生成コンテンツツールもあり、組織全体で簡単にアクセスして共有できるビジネス知識のリポジトリを構築できます。
  • LXPは、ユーザーが「仕事の流れの中」で学べるようにします。これは、Slack、Microsoft Teams、Googleなどの一般的に使用される仕事用アプリケーションやモバイルアプリとの統合を介して行われます。
  • LXPが解決できるビジネス上の課題には、人材育成、従業員の再教育とスキルアップのためのスキル開発、情報のオープン化、学習への取り組みや意欲向上などがあります。

タレント エクスペリエンス プラットフォーム (TXP)

コーナーストーンにとって、タレント エクスペリエンス プラットフォーム (TXP) は製品というよりも、一つのビジョンといえます。それは、人材育成担当者が合理的なやり方で従業員の無限の可能性を解き放つために、当社の各製品をどう連携できるかというビジョンなのです。

コーナーストーンTXPは、LMSとLXPだけでなく、人材管理、人材情報収集、求人市場、学習コンテンツも統合し、急速に変化する複雑な世界における回復力と成長に対するビジネス固有のニーズを満たします。

TXPには4つの層があると私たちは考えています。

  • 学習と人材管理:組織の人材と学習を管理し、プログラムを提供し、戦略を拡大するには、基本的なシステムが不可欠です。そこでは効率性が鍵となります。なぜなら、管理に費やす時間が減れば、世界が必要とするビジネス変革戦略に集中する時間が増えるからです。この層に対応する当社の製品ポートフォリオには、学習管理、パフォーマンス管理、採用、報酬、後継者、コアHR、および社外向けトレーニングが含まれます。

  • 従業員の成長体験:寄せ集めのエクスペリエンスは誰も満足しないため、私たちは包括的な成長体験を提供します。従業員は新しいスキルを見つけて習得し、新しいキャリアやプロジェクトの機会にアクセスし、メンターとつながったり、自身がメンターとなったりすることができます。組織にとっては、重要な部門横断プロジェクトに貢献する適切な人材が得られ、新しいポストへの候補者をより早く、社内にいる最適な人材から見つけることができます。 これは、EdCast (https://www.edcast.com/corp/edcast-lxp-3/)と当社のオポチュニティマーケットプレイスが提供します。

  • 広範な統合ハブ: 将来を見据えた、何にでも接続できるアーキテクチャによって、組織は進化に必要なアジリティと拡張性を得ることができます。そのため、製品ポートフォリオ間の統合を簡素化し、より広範なエコシステム向けに設計されたAPIとマイクロサービスを使用して、さらに拡張性を高めています。

結論

LMSは基礎であり、必須および規定された知識の管理と配信において引き続き重要な役割を果たし、組織が設定した従業員研修の目標を達成し、リスクを最小限に抑えることに役立ちます。LXPは、共同学習とコンテンツのキュレーションおよび作成の民主化を通じて、個々の従業員に力を与え、組織の集合知を活用することにより、その基盤を強化します。

コーナーストーンTXPはそれをさらに進めます。私たちのビジョンは、最高の学習、成長中心の人材ツール、9,000万人を超えるユーザーからの人材データ、AIの力を組み合わせて、人材育成担当者が従業員と組織の変革の成果を推進できるよう支援することです。

関連資料

製品やお客様事例、最新の業界のインサイトなどをご紹介しています。

一元管理が可能なHRプラットフォームを活用して、強固な学習エコシステムを構築

お客様事例

一元管理が可能なHRプラットフォームを活用して、強固な学習エコシステムを構築

コーナーストーンを活用するようになってからというもの、Royal HaskoningDHV全体でより的を絞った、包括的で影響力のある学習を従業員に提供できるようになり、利用しやすさも向上しました。組織の戦略に沿った学習を従業員が行うようになり、且つ学習者は革新的でパーソナライズされた学習環境で思う存分学べるようになっています。

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。