チェックリスト

Mergers and Acquisitions Checklist

Three human resource issues that organizations face when engaging in merger and acquisition (M&A) activity are:

  • Common negative psychological and emotional responses of employees.
  • High levels of turnover partially due to the organizations failure to manage these emotional and psychological responses.
  • Growing talent and skills gaps that impact leaderships ability to execute their business strategy fully.

The following checklist includes five recommendations for managing the human factor of an M&A more effectively and steps to take under each. This plan will help manage the emotional and psychological responses that employees typically feel, reduce unwanted turnover, and mitigate the risks from the current and future skills and talent gaps.

Related Resources

Want to keep learning? Explore our products, customer stories, and the latest industry insights.

社員を夢中にさせるエクスペリエンスの創り方

ホワイトペーパー

社員を夢中にさせるエクスペリエンスの創り方

従業員エクスペリエンス(仕事から得る経験・満足感)の創造―人財開発業界のリーダーからの答え 人財関連従事者にとって、いまだかつてない変化に富んだ時代がきました。たった10年の間に地域・業界・大きさ問わず、どの企業でも、どんな役職でも、「働く」の定義がドラマチックに変革しました。職場に対する社員の期待の変革は同時に課題も出てきており、人事部のリーダーにとっても素晴らしい機会であるといえます。 人財開発を任される者として、皆さんはこの目まぐるしい変化への対応の大変さを日々実感していることでしょう。社員が一人一人に合わせた仕事上のエクスペリエンスを得るようにアプローチし、一方で会社のニーズも満たし、人財開発プログラムに対するポジティブなインパクトも証明しなければならないのです。 そこでこちらのハンドブックの出番です。 社員のポジティブなエクスペリエンスを長期的な目線で創造する 人財開発のリーダーならば社員だけでなく、社員が職場で得るエクスペリエンスについてもその重要性をご存知でしょう。 そこで世界中の30人以上の人財開発のプロフェッショナルと業界のエキスパートから洞察を集めハンドブックにしました。 AMEX、アストラゼネカ、BJCヘルスケア、富士通、そしてVulcanなど、人財開発に特に力を入れていることで知られるいくつかの企業からの実践的な情報を紹介しています。そして、Bersin、Brandon Hall Group、Fistful of Talent、Fosway、HR Examiner、Lighthouse Research、RedThread Research、Towards Maturityなどの多才な研究者や作家から、社員のエクスペリエンスをマネジメントするための先進的なアイデアと新しいアプローチが得られます。 ここで少しエキスパートからの洞察をご紹介いたします。 個人に最適化された真のエンプロイージャーニー ここに挙げた例は、膨大な専門知識のほんの一部に過ぎません。 大勢の賢者が私たちや皆さんに知見を共有してくれています(資料はすべて日本語化されています) Josh Bersin – Bersin Academy Remember that "the customer experience is dependent on the employee experience." Every time we make employees' lives better, we better serve customers. Look at the common "moments that matter" at work first, and flatten these issues completely. Onboarding, job changes, relocation etc. Every company can look at these topics and map out better solutions. Dani Johnson – RedThread Research Personal talent experiences and the organization's processes that drive results should fall under one approach. Strong talent and development strategies overlap individuals natural desires to learn and develop, with the organization's needs. This happens in organizations where they understand and communicate the skills they need to succeed, and then motivate employees to develop them. Michael Rochelle – Brandon Hall Group Organizations spend their time developing a more flexible, agile and diverse workforce. The key to building this workforce is providing employees with opportunities to grow – personally and professionally. Meaningful work, an attentive manager, and rewards and recognition motivate employees, and smart organizations work diligently to provide this environment. Julie Winkle-Giulioni – DesignArounds While organizational processes are necessary, no one develops from annual mandated activities. Employees around the world report that their success boiled down to three factors: Trust – leaders whom they trusted to provide meaningful feedback and to have their backs. Belief – leaders who saw something in them they may not have seen in themselves. Ongoing conversation – leaders who prioritized accessibility, listening and dialogue. David Wilson – Fosway Group Seemingly every aspect of the employee lifecycle must now be a great experience. And in a talent deficient economy, it cannot be taken for granted. Employers are increasingly recognizing that the commitment they expect from employees has to be earned and nurtured. But remember, real experiences come from what people do and how they behave, not from a company's processes and systems. Jane Daly – Towards Maturity High-performing learning cultures are the most successful at creating heuristic experiences that build value. They continually upskill and network with key experts to enable self-determined experiences, not just self-directed, which just focuses on content rather than the experience of a learner consumer-centric ecosystem. Steve Simpson – Keystone Management Services Create an environment where people demonstrate a hunger and expectation for learning and growth – aimed at strengthening the aspirational culture. People won't be "punished" (through extra catch-up work) for attending professional development initiatives. Leaders and employees will show a real interest in hearing what others have learned. Tim Sackett – HRU Technical Resources If you suck at something, technology does a good job at amplifying that! So, before you can deliver a great employee experience using technology, your employee experience design should be great without it. Then the technology will help you deliver that experience more consistently and faster than ever. Ben Eubanks – Lighthouse Research and Advisory We can create more people-centric workplaces AND drive more value for the business. Engaged companies can outperform disengaged companies by 150 percent. We've seen this play out in our research again and again: companies with better revenue, engagement, and employee retention see talent differently, treat talent differently, and they don't apologize for it. Jason Lauritsen – Engagement & Culture Expert If you find that taking a people-centric approach to employee experience is in conflict with your organization's processes, then those processes are broken. Sure, you can try to mitigate the impact of those processes, but you should also address what processes are out of alignment with how people do their best work and fix it. このハンドブックを読み終えるころには今後の会社の発展に貢献し、そして社員にも喜ばれるような、面白くて個人に最適化されたエクスペリエンスの創造に関する新しいアイデアや戦略が身についていることでしょう。 社員を夢中にさせるエクスペリエンスの創り方のダウンロードはこちら

コーヒーブレイク: ハイブリッドワークプレイスに必要なもの

ブログ投稿

コーヒーブレイク: ハイブリッドワークプレイスに必要なもの

パンデミックによって仕事が急速に、そして明らかに変化する中、常に盛り上がる議論の1つは、オフィスへの復帰に焦点を当てたものです。オフィスへの復帰を行うのか、行うとしたらどのように行うのか? 多くの従業員は自宅で仕事をするという贅沢をしたことが ありませんが、自宅で仕事ができる人たち(例えば、あなたのチームは、仕事に焦点を当てた企業ブログを執筆・編集していたとしましょう)、オフィス復帰は熱い論争を呼んでいます。 例えば、Airbnb社は最近、社員にオフィスに戻らなくていいと言っています。また、ゴールドマン・サックス社のように、週5日復帰しているところもあります。しかし、フルタイムでオフィスに戻ることを義務付けた組織の中には、優秀な人材の多くがすぐに退職したり、その後すぐに辞めてしまったりするところもあります。また、そのような組織では、本当に嫌な思いをすることもありました。このことからわかるのは、すべての組織が、その決定が影響を与える人々と話した上で、人々の決定を下しているわけではない、ということです。 ハイブリッド・ワークは、家賃を払う組織とリモート・ワークの自由を享受する従業員が合意できる妥協点であるように思われる そして、すべての兆候からハイブリッドワークが定着することは明らかで、リモートワークの成功は企業の仕事の進め方や仕事の場所を再認識させたのです。そして、リモートワークの成功は企業における仕事の進め方や場所 を再構築しています。多くの人にとって、週に何日でもオフィスに 戻ってくるということは、2年近く自分の家の中で仕事をしてきた後、大きな変化として感じられるでしょう。この1年で、多くの社員が一人で仕事をすることに慣れたことでしょう。では、どのようにすれば従業員を満足させ、組織の目標に一致させることができるでしょうか。 仕事をみんなにフィットするスタイルにする オフィスでの時間とオフィス外での時間の適切な組み合わせを見つけることは、多くの従業員や組織が現在正しい状態にするために取り組んでいる、厄介な状況です。組織と社員にとって最適な働き方をするためには、プランが必要です。柔軟性を提供し、リソースをアップスキルし、オフィスで働くことの利点と必要性を伝える計画です。 2021年ワークトレンド・インデックスによると、70%以上の労働者が柔軟なリモートワークのオプションの継続を望んでおり、65%以上がチームメイトと直接会う時間をより多く切望しています。その結果、66%のビジネスリーダーがハイブリッドワーク環境に対応できるよう、オフィススペースの再設計を準備しています。 新しいワークスタイルに必要なものは以下の通りです 戦略的な組織計画 - コーナーストーンのサクセッションプランニングとワークフォースプランニングのソリューションにより、組織目標に社員を合わせることができます。 すべての従業員に対する学習のパーソナライズ - AI主導の学習推奨により、正社員、契約社員、ギグワーカーのスキルを向上させます。 必要不可欠な最新コンテンツとリソース - プロフェッショナルスキル、リーダーシップ、マネジメント、リモートワークの必需品など、常に新鮮なコンテンツとサブスクリプションで、変化し続ける市場における従業員のニーズに対応 継続的な従業員開発 - 開発計画、目標設定、継続的なフィードバックなどにより、リモートおよびオフィス内の従業員の専門的な成長を促進することができます。 このブログは企業のブログであり、どのように機能するかはご存じでしょうから、コーナーストーン製品で成功するハイブリッドワークプレイスを構築するために、これらすべてのことを行っていることは、おそらくご想像のとおりです。 しかし、コーナーストーンの利点以外に、あなたの組織でどのようなハイブリッドバランスが最適かを考えるとき、社員とのコミュニケーションをオープンで正直なものに保つことを忘れないでください。社員は、すべての仕事をする人たちですから、あなたが彼らの意見を考慮することに感謝するはずです。もしあなたが彼らと一緒に働かないのであれば、彼らは他の場所で働くでしょう。

The Modern Workforce Favors Flexibility and Digital Collaboration

ブログ投稿

The Modern Workforce Favors Flexibility and Digital Collaboration

This is the third in a series of articles we’re doing around our annual State of Workplace Productivity survey. Read a summary of the full survey here . And for our findings on extreme workloads, click here. The always-on, always-working mindset has caught on, largely due to the rise of technology and the demand for more flexible workplaces. While initially introduced to boost employee satisfaction, flexible policies and technology use actually have a greater impact on productivity, and ultimately business performance. The environment in which people work affects how productive they are. Nearly two in three employees think a flexible and remote work schedule increases productivity, according to a recent survey by Cornerstone OnDemand. The most productive work environment is an enclosed office, followed by partitioned cubicles, open desk layout and working remotely, accordingly. While working in an enclosed office is the most promising for productivity, a good chunk of employees — 19 percent — say working remotely is the most productive environment, likely due to the fact that they can control the distractions around them. Forty-three percent of employees say impromptu visits by colleagues are distracting, according to the survey. Digital Communication Enables Remote Workers Even though some employees prefer work from home policies, only one in five are allowed to work remotely. True, employees can’t communicate with colleagues in-person, but the majority of workplace communication happens digitally anyway. Nearly two in five employees believe emails and instant messages allow them to be more productive than having in-person or phone conversations. The percentage of employees that prefer in-person collaboration compared to digital collaboration is decreasing — 63 percent this year compared to 71 percent last year. But there’s a fine balance for using online communication to boost or destroy productivity. Some employees find emails, social media alerts and instant messages to be distracting, so be sure that employees know what kind of communication their colleagues prefer. The key to high productivity and flexible work schedules is arming employees with the right technology. Almost two out of three employees agree that given the right technology, in-person meeting can be replaced completely. Digital natives are demanding a more flexible workplace, and companies are listening and changing accordingly, but more need to put their employees first and do so faster. To read more findings from The State of Workplace Productivity Report, click here. And take a look at our infographic on how workspace matters:

お気軽にお問合わせください

人財管理に関して、ご要望、お困りごとについて、コーナーストーンにご相談ください。

© Cornerstone 2022
法的事項